Rovalカッコいんだけど、カーボンクリンチャーってどうなの? 安全なの!?

キャニオンにカーボンクリンチャー履かせたら軽くなっちゃうなぁ(゚∀゚)
キャニオンにカーボンクリンチャー履かせたら軽くなっちゃうなぁ(゚∀゚)

目下、デゲメンとともにローラー台の奪い合いに明け暮れる我が家。ご飯のときの話題はトレーニング内容だったり次走りに行く場所だったりと自転車三昧(;´Д`) そんな我が家の最近のホットトピックが「軽量化」です。特に気になっているのがカーボンクリンチャーなのであります。う~ん、カーボンクリンチャーってどうなのよ!?

S-Worksルーベを軽量化したい

なぜ軽量化が話題になるかと申しますと、我が家の表彰台王・デゲメンをさらに後押しするため。

S-Worksを少しでも軽くしたい

 S-Worksルーベを軽量化したい
S-Worksルーベを軽量化したい

デゲメンさんのS-Works、ただいま7.5kgくらいで、重くはないけど激軽いという訳でもなく。ヤビツ・富士ヒルくらいの斜度(5~6%)が非常に苦手だそうで、インナーにすると遅くなり、アウターだとケイデンスが50~60になるという中途半端な感じらしい。

それならば、もうちょっと自転車を軽くして、せっかくですから全部アウターで上ってもらいましょう、そうしましょう! ということで「軽量化」がホットトピックなのです(僕の中で)

んで、軽量化と言えば、一番簡単なのがホイール。そう、ホイールですよ!


おおぅ、Rovalのカーボンクリンチャー、カッコイイな(゚Д゚;)

軽いホイールを物色中のワタクシ、2月10日のヤビツ練のときに見逃さなかった、松さんのホイールが新しくなっていたのを!

ロヴァ―ル、ゴツクてカッコイイじゃん!

 おおぅ、Rovalのカーボンクリンチャー、カッコイイな(゚Д゚;)
おおぅ、Rovalのカーボンクリンチャー、カッコイイな(゚Д゚;)

聞けばホイールを新調されたとのことで、スペシャライズドのRoval CLX 50、カーボンクリンチャーですと!! これがまた、とてもゴツクてカッコいいんであります(;´Д`)

ヤビツ上るときも下るときも、後ろからホイールをガン見してたのですが、かなりリムが太いんですなぁ。う~ん、イイ。ぜひとも使ってみた・・・じゃなかった、デゲメンのS-Works軽量化にピッタリなのでは!? と思った次第であります。


カーボンクリンチャーってどうなの? 安全なの!?

かなり外観的に好み・・・じゃなかった、軽量化が図れそうなカーボンクリンチャー。しかし、これって安全なの!?

ブレーキでリムが破裂するんですか(゚Д゚;)

いろいろ調べてみたところ、カーボンクリンチャーは熱=ブレーキに弱いらしいとの情報が・・・。上記の動画でも、連続でブレーキをかけるとタイヤ・リムが破断することが示されております。

ちなみに、上記動画の日本語解説が分かりやすかったので、詳細はぜひそちらをご覧ください。

■参考リンク
何℃で壊れる?9社カーボンクリンチャーでブレーキをかけ続けた結果。

カーボンクリンチャーは壊れやすいの?

そのほかにも、カーボンクリンチャーのリム破断やパンクのブログを見たりして、結構ビビる(;´Д`) これ、デゲメン使いこなせるかなぁ(;´Д`)

■参考リンク
カーボンクリンチャーホイール考察


カーボンクリンチャーか、無難にチューブラーか

う~む、正直、こういった動画や情報を観ちゃうと怖くなっちゃう(;´Д`) 普段使いもするし、大丈夫かなぁ(;´Д`)

チューブラーかカーボンクリンチャーか

ロヴァ―ル、カッコいいんだけど、チューブラーが無難かなぁ
ロヴァ―ル、カッコいいんだけど、チューブラーが無難かなぁ

カーボンクリンチャー、よくよく思い直すと重量的なメリットがあまりありません(;´Д`) 一番軽い部類のRoval CLX 32でも1280gで、今のデゲメンのホイールより100gちょい軽いだけ。

それだったら安心・安定(!?)のチューブラーにすれば200g以上軽量化できるし・・・。

カーボンクリンチャーはネタ的に・・・

カーボンクリンチャーのネタ感は捨てがたい(; ・`д・´)
カーボンクリンチャーのネタ感は捨てがたい(; ・`д・´)

いやいや、でもでも、カーボンクリンチャーの一番の魅力はクリンチャーのお手軽さが、軽いカーボンリムで手に入ること。これは大きい。とても大きい(-_-;) タイヤを持ち運ぶ必要がありませんからな。

そして、ネタ的にも美味しい。とても美味しい・・・。

ぜひとも使ってみた・・・

(;゜0゜)ハッ!

僕が使いたいわけじゃないですよ、デゲメンの自転車の軽量化を考えているんです。

そうです、あくまでデゲメンのレースのことだけをピュアに純粋に考えているのです(`・ω・´) その選択肢として、未知数のカーボンクリンチャーをいきなりデゲメンの自転車に装着させるのはどうだろうかと、頭を悩ませているのです。

くれぐれも、くれぐれもそこをお間違えなく!


やっぱ、ここはデゲメンが使う前に、僕がしっかり安全性をテストしないといけませんな(`・ω・´) なんて、妻思いのいいオットなんだろう、僕って(´_ゝ`)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ