ロードバイクに最適な体重はあるのか? パワーウェイトレシオとダイエットを巡る「軽さ」の功罪

ロードバイクにダイエットは本当に必要なのか?

ロードバイクを始めてビックリしたことのひとつに、体重の大切さがあります。特に、ヒルクライムでは顕著に体重の重い・軽いが効いてくるのは、誰もが体験的に知っているはず。「少しでも速くなるためにいっぱい体重減らそう!」と、苛烈なダイエットに手を出したくなるのは人情というものです。でも、果たして、ダイエットが本当に良いのか? 我らがGCNがこの疑問を追及しています。

Cycling’s Body Weight Obsession – How Light Is Right For You?

紹介するのは、12月2日に公開されたばかりのGCN動画「Cycling’s Body Weight Obsession – How Light Is Right For You?(体重への強迫観念 ― あなたにとって最適な軽さは?)」であります。

強迫観念から摂食障害になったプロサイクリストを取り上げる

20分ちょいと、少々長めの動画ですが、まぁとにかく見てください。最近は自動字幕も非常に正確で、言葉が聞き取れなくても目で追うことができますし、英語の勉強になって一石二鳥(*´ω`*)

内容は以下でも紹介しますが、パワーウェイトレシオの大切さから、ベン・キングが経験した摂食障害、専門家による「最適な体重」の話、まとめ、と続きます。

パワーウェイトレシオというパワーワード

ではでは、順を追って見てまいりましょう。まずはお馴染み「パワーウェイトレシオ」から。

ヒルクライムで効いてくるパワーウェイトレシオ

パワーウェイトレシオというパワーワード

最初は誰もが知る一般常識「パワーウェイトレシオ」のお話から。平坦は関係が薄いけど、上りになると途端に影響が出てくるのが体重であります。

空気抵抗が減るヒルクライムでは、体重が軽ければ速く上れる。シンプル極まりない、ヒルクライムのパワーウェイトレシオのロジックであります(; ・`д・´)

プロのような外見になりたい!?

ちなみに、パワーウェイトレシオの話の前に、GCNでサラッと冒頭で触れられているのがボディコンシャスの話。ピチパンスタイルは体のラインがモロ分かりであります。

なので、少しでもスリムでスマートにお腹は引っ込めたいと願うのは人情というもの。理想形として、ツールドフランスなどで走るプロライダーがおりますで、そういった体型を思い描きながら、体重を減らさなきゃ!と思うのかもしれません。

摂食障害に苦しんだベン・キング

ここで登場するのが、チーム・ディメンションデータに所属するベンジャミン・キング選手。2018年のブエルタでステージ優勝したりと活躍している選手ですが、体重を意識し過ぎて摂食障害になったそう(; ・`д・´)

ベン・キングの告白

摂食障害に苦しんだベン・キング選手

パフォーマンスを追い求めるあまり摂食障害になったというベン・キング。ジュニアのとき、アメリカでは圧倒的だったのに、ヨーロッパに挑戦したら、まったく歯が立たず驚愕したそう。「トレーニング不足なんじゃないか!? 才能がないんじゃないか!?」とショックを受け、練習に明け暮れたそうです。

その練習内容はまぁ凄いもの(;´Д`) お父さんがコーチだったそうで、あまりに息子が練習する(1日4回も激しく追い込んでいたとか)のでサイクリングシューズを隠したりしたですと。。。

でも、トレーニングで得られるパワーには限界がある。そこで気付いてしまったのがパワーウェイトレシオ(;´Д`) 「やせればいいじゃん(゚∀゚)!」ということで食べるのを止め、食べてしまったときは吐き出すことを繰り返すようになりました。

ベン・キング曰く、「当時、本当に必要だったのは休むことだったろう。けれど、疲れを押し切って練習するのか、休みを取るのか、バランスを取るのはとても難しかった」と。

最適な体重とは何か?

ベン・キングの話を聞いていると、果たしてこれは遠い世界のトップレベルの話なのか、それとも身近で当てはまることなのか・・・。

アスリート専門の栄養士が語る最適な体重

専門家がロードバイクに最適な体重を解説

登場するのは栄養士のRenee McGregor(レニー・マグレガー)さん。「最適な体重は?」との質問に、「定期的にトレーニングして、たくさん自転車に乗っている人は、すでに最適な体重になっている」ですと。「ダイエット目的」などで始めたばかりの人はすぐに痩せていくのだそう。

んん、つまり、定期的に練習していて食事制限をしていない体重が最適な体重、ということかな??

軽さの幻想と弊害

レニーさん曰く、パフォーマンスが上がる体重と故障が多くなる体重は紙一重なんですと。理想はBMIやホルモン、甲状腺、炎症マーカー、体脂肪率の値をしっかり見て、栄養も継続的に摂ることなんだけど、これらを「首尾一貫していろいろなデータを追いパフォーマンスを見る」人はほとんどいないんだそう。「体重は単なる数値で、体組成は何も分からない」とぶっちゃけています(´_ゝ`)

困るのは「体重が減るとパフォーマンスを上がる」こと。ただし、そのパフォーマンスは維持できず、すぐに衰えてしまう・・・から、強迫観念 comes in(;´Д`)

イライラしたりよく眠れなくなったり、数値にとらわれて普段とは違うことを拒否(飲み会などの友達付き合いを避けるなど)するようになったりと、不安にかられてしまうそう。しかも、さらに困ったことに、その不安を解消する方法が、(不安の発端となった)元の行動=トレーニングや食事制限に立ち戻ることなんですと。

何という負のスパイラル(;´Д`) 冒頭のベン・キング選手もこのスパイラルに陥ったようであります。

無事是名馬という格言

さて、その後のベン・キング選手ですが、どうなったかと申しますと・・・。

体重は最軽量時から4kg増加、でも怪我なくパフォーマンスもベスト

最後に冒頭のベン・キング選手に戻ります。若いころは摂食障害に苦しんだベン・キング選手ですが、今ではブエルタでステージ優勝するなど大活躍中。現在の体重を聞いてみたところ・・・

タフになるには体重が必要。ハイレベルで年間とおして戦うには、体重が軽いと病気や怪我しやすくなってチームのお荷物になる。前は体重を軽くすることだけに一生懸命で67~68kgだったけど、今は70~71kgでキャリアハイのリザルトを出せている。


Cycling’s Body Weight Obsession – How Light Is Right For You?

僕自身も体重が減り過ぎるとパフォーマンスが下がった

体重気にする前にモアパワー!
体重気にする前にモアパワー!

僕自身の経験的にも、怪我や病気になりやすいラインがあるようです。だいたい、62kgがマックスで一番体が軽い感じがして、61kg台かそれ以下になると暴飲暴食、風邪や原因不明の体調不良でダウンという感じ。

何はともあれ無事是名馬でございます(;´Д`) ダイエットを苛烈に追い求めるのは、注意が必要かもしれません・・・。

以上、体重を求めすぎるのも危険! というGCNからの警鐘でした。「プロのイメージを追い求めて体重ばかり気にするのは良くない!」と、動画全体を見て感じましたです。

ちなみに、僕レベルの貧脚ですと、体重を気にする前にモアパワー&モアパワー。筋肉がないことには速くなれないと思われます(;^_^A 筋トレ、どうしてもサボっちゃうんだよなぁ。。。何か良い習慣づけの方法はないものか(;´Д`)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ