Venge買いに行ったらパイオニア新型サイコンSGX-CA600になっていた話【開封から初期設定まで】

2019/01/29

パイオニア新型サイコンSGX-CA600を買ってみた!
パイオニア新型サイコンSGX-CA600を買ってみた!

Vengeほしさが積もり積もって、デゲメン氏のS-Worksのフロントフォークを折るという夢を見たborikoです、おはようございます(´_ゝ`) そんなワタクシの欲求と欲望が叶えられるときが遂にきました! おぉぉ、僕のVengeが、Vengeが!!! あれ、これパイオニアの新しいサイコンSGX-CA600じゃね!?

コンビニ感覚でVengeを買いに行ったら・・・

どうも、自転車というのは、コンビニのように棚に並んでいるものではないのですね。相変わらず、そんなことは思い至らず、近所のセブンに行く感覚でVenge買いに行ったのであります。

ふにゃ~Venge売り切れ・・・( ,,`・ω・´)ン?

都内の某フレンド店にウッキウッキで出かけたワタクシ。夢と期待で鼻の穴を膨らませ、「Vengeちょーだい!」と申し上げたところ!!

在庫はございません Σ( ̄□ ̄|||)

想像していたけど、案の定、Vengeはある訳もなく(´・ω・`) ガックリ肩を落として帰ろうとしたのです。。。

SGX-CA600がうず高く積まれている!
SGX-CA600がうず高く積まれている!

( ,,`・ω・´)ンンン? そ、そこにうず高く積み上げられているのは!!!

Vengeの代わりにパイオニアSGX-CA600を買ってみた

なんとビックリ、発売されたばかりで初回入荷分は完売とまことしやかにTwitterでささやかれていた、ワフーElement、もとい、パイオニア新型サイコンSGX-CA600様ではありませんかΣ( ̄□ ̄|||)!

パイオニアSGX-CA600買っちゃった

VengeがパイオニアSGX-CA600に化けました
VengeがパイオニアSGX-CA600に化けました

聞けば、予約分ではない、誰でも買える在庫分だそう。まさに「買ってくれ!」と言わんばかりに山積みされたCA-600に、Vengeを買いそびれたオトコが抗えるだろうか!?

否ッ(゚Д゚)クワッ!!

問答無用で山積みされたCA-600をムンズとつかみ、レジに突入したのであります。

VSGX-CA600のアンボックシング(開封)(´_ゝ`)

Venge買う予定の予算で買ったから、CA-600は実質Vengeなどと意味不明なことを帰りの電車でぶつぶつ呟きながら、いざCA-600をオープン!

ケイデンスには天啓が

Every Revolution is a Revelationだと(´_ゝ`)
Every Revolution is a Revelationだと(´_ゝ`)

しっかし、驚くべきはこの箱。お金かかっていますw 化粧箱の制作費、バカにならないだろうなと、余計なことを考えつつ、オープンセサミ!

フタを開けると「Every Revolution is a Revelation」という哲学ちっくな文言が目に飛び込んできます。直訳「すべての回転に天啓がある」、噛み砕くなら「ペダリングは新しい事実を教えてくれる」のような感じでしょうか?

せっかくのペダモニを、単なるパワメでしか使っていない僕には耳が痛い言葉です(´_ゝ`)

同梱物は最小限

豪華な化粧箱を開けるとCA-600とご対面!
豪華な化粧箱を開けるとCA-600とご対面!
CA-500とCA-600の大きさ比較。だいだいCA-600のほうが2倍の長さ
CA-500とCA-600の大きさ比較。だいだいCA-600のほうが2倍の長さ

そんな天啓を教えてくれるCA-600の同梱物はいたってシンプル。説明書すら入っていません。

CA-600の同梱物はマウントとストラップだけ
CA-600の同梱物はマウントとストラップだけ
CA-600の専用マウント。僕のキャニオンには取付できませんな、こりゃ
CA-600の専用マウント。僕のキャニオンには取付できませんな、こりゃ

入っているのは保証書とストラップ、そしてマウントだけ。こんな状態でどうやって接続すればいいのねん(◎_◎;)

CA-600の初期設定の方法

電子機器に弱いワタクシのために、この記事では初期設定の方法まで書き記したいと思います。なんだ、説明書なくてもできるじゃん(゚∀゚)

起動したら専用アプリをダウンロード

C-600を起動。起動画面がペダモニ!
C-600を起動。起動画面がペダモニ!

まずは起動! CA-500がタッチパネルだったのに対し、CA-600はボタン式。電源およびラップ、設定ボタンはCA-500と同じ配置で、画面内の選択は本体下部の3つのボタンを駆使します。

専用アプリをダウンロードしてくださいと言われる
専用アプリをダウンロードしてくださいと言われる

んで、本体を起動すると専用アプリ「シクロスフィアコントロール」をダウンロードせいと言われます。なので、有無を言わさずダウンロード。

シクロスフィアコントロールをダウンロード
シクロスフィアコントロールをダウンロード

ちなみに、このアプリがなくても初期設定はできます(´_ゝ`)

3分で終わる、アプリ経由でCA-600を初期設定

シクロスフィアコントロールを起動
シクロスフィアコントロールを起動
起動後の最初の画面
起動後の最初の画面

専用アプリをダウンロードしたら、早速にアプリから設定を開始。最近の接続はすごいですな。とても迅速、速いし途切れない!

アプリがすぐにCA-600を認識
アプリがすぐにCA-600を認識
CA-600とペアリング
CA-600とペアリング

アプリがすぐにCA-600を発見。見つけるとBTでペアリングを要求してくるので、CA-600に表示されるPINコードを入力します。

アプリのウィザードに従えば初期設定完了

接続できたら、あとはウィザードに従うだけ
接続できたら、あとはウィザードに従うだけ
初期設定の最初は言語や時刻、単位の設定から
初期設定の最初は言語や時刻、単位の設定から

秒速でCA-600に接続したら、あとはアプリのウィザードに従うだけ。言語や時刻、単位など基本的な情報を設定できるほか、サイコンで一番大事なデータの表示内容も選択できます。

選べるデータフィールド豊富過ぎ問題w

CA-600はページパターンが豊富
CA-600はページパターンが豊富

選べるページのパターンは6セット。各セットの中に8ページ分のページを表示できます。表示パターンが限られていたCA-500とはエライ違いだ(;´Д`)

ページセット1の表示内容
ページセット1の表示内容

ページセット1はペダモニの基本仕様に沿った表示内容

ページセット2は他社パワメを使っている場合の表示内容、ページセット3はパワメなし心拍計、ページセット4は速度・ケイデンスのみ。

ページセット5はペダモニに特化した応用版
ページセット5はペダモニに特化した応用版

ページセット5はペダモニの応用版という感じです。ちなみに、セット内のページ表示内容も適宜変更できます。なので、個々人の好みとニーズに応じて、適宜設定を変更するのが吉であります。

もっと見ていきたいのですが、今回はここまで(;´Д`) 土日が仕事になってしまって全然使っておりませんの(;´Д`)

なので、実際に使ってみての感想(ボタンの押しやすさ、ページの設定、電池のもち等)について、また後日インプレいたしますm(_ _)m あぁ、早く週末こないかなぁ(´_ゝ`)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ