ZWIFT始めます!無課金ユーザー、インドアサイクリングで世界の課金ローディーに挑む(゚∀゚)!

boriko、ZWIFTにデビューします!
boriko、ZWIFTにデビューします!

ちょっとちょっと聞いてください! ワタクシ、遂にあの大人気ロードバイクアプリ「ZWIFT」のユーザーになったんですよ! しかも無課金で(゚∀゚)! 僕はどこまで無課金で行けるのか(7日間だけです(´_ゝ`)!? ドキドキワクワクのZWIFTセットアップからご紹介します!

ZWIFTに登録するぞ!

そもそもZWIFTは「ズイフト」なのか「スイフト」なのか、読み方も定かでないところからのスタートです。こういった最新機器に疎いワタクシに果たしてできるのか!?

パソコンから登録します

ZWIFTのアカウントを作成するぞ!
ZWIFTのアカウントを作成するぞ!

まずはユーザー登録から! パソコン・・・じゃなく、iPadとかiPhoneでもいいのですが、ZWIFTのホームページにアクセスします。最初英語の画面になるので、画面右上の「ENGLISH」と書いてるところをクリックすると言語を変更できます。

フラグは国名、帝国単位はヤード・ポンド
フラグは国名、帝国単位はヤード・ポンド

んで、「アカウントの作成」ボタンをクリック。すると「アカウントを作成する」画面に行きますので、ここにドシドシ必要項目を入力してください!

ちなみに、「姓」の部分がZWIFTのメイン画面やリザルト画面で表示されます。なので、ここを分かりやすいものにしておくと仲間に見つけてもらいやすいのでグッド。

もう一つちなみに、「フラグ」というのは国旗、なのですが、単純に国のこと。「帝国単位(Imperial Unit)」とはイギリスの度量衡のこ・・・。あれ、ZWIFTってアメリカの会社じゃなかったっけ? 小難しく書かないで「yard」とかでいいような。。。

ZWIFTの登録はあっという間!

文句だけは百人前のクレイマー体質を発揮しつつ、登録自体は瞬殺ですよ、瞬殺(゚∀゚)! いよいよZWIFTできるのか!? いや、まだできません!

設定画面を確認

ZWIFTにログインできました!
ZWIFTにログインできました!
ZWIFTのメイン画面(PC)
ZWIFTのメイン画面(PC)

まぁ焦らずに設定画面を見てみましょうよ。ね、そうしましょう? パソコンからログインした画面はこんな感じ。ZWIFTの統計が見られるようですね。

ピザパワーって何だろうwww

ZWIFTからストラバやトレーニングピークスに連携するのもこの画面から。連携自体も驚くほど簡単なので、解説はいるかな、どうかな・・・

アプリをダウンロードしよう!

ZWIFTアプリをインストールする
ZWIFTアプリをインストールする

さて、ここら辺の流れはPCで設定する人とタブレットなどで設定する人では流れが違うかもしれません。我が家はPCなので申し訳ございません

とりあえず「ダウンロードする」というボタンがあるので、何をダウンロードするのか考えもせず勢いよくクリックします。

パソコンにZWIFTをセットアップしよう!

同意、クリック・・・同意、クリック・・・
同意、クリック・・・同意、クリック・・・
ひたすらNext押すマン
ひたすらNext押すマン

何やらダウンロードしてみると、セットアップウィザードが立ち上がります! 英語は読まない主義で、ただひたすら「Next」をクリックする魔人に変身!

ZWIFTアプリインストール完了!
ZWIFTアプリインストール完了!

利用規約の内容も分からぬままに同意、Next。保存場所には興味も示さずNext。そしてフィニッシュです(゚∀゚)! う~ん、簡単!

ZWIFTのアプリを立ち上げてみよう!

アプリがインストールされたら、いよいよ待望の瞬間がやってきました! これで僕もZWIFTerだ!

ZWIFTアプリにログイン!

ZWIFTアプリにログイン
ZWIFTアプリにログイン
ZWIFTアプリに潜入成功(゚∀゚)!
ZWIFTアプリに潜入成功(゚∀゚)!

アプリを立ち上げるとログイン画面に! 先ほど登録したID&パスワードを入力します! これで遂に入れるぞ、ZWIFTの世界に(゚∀゚)!

パワーメーターを設定しよう!

自分がやる運動を選択
自分がやる運動を選択
セットアップの山場、パワメとの接続を行います
セットアップの山場、パワメとの接続を行います

そして、これが一番の山場! パワーメーターやら速度計やら心拍計やら、リアルな事象をバーチャルの世界につなげるのです!

ZWIFTにはANT+のドングルが必要です
ZWIFTにはANT+のドングルが必要です
あっという間にパワメと接続完了
あっという間にパワメと接続完了

そしてここで登場するのがANT+のドングル! こんな小さなものがどういう訳か、パワーメーターの電波を拾ってくれるんですわ(@_@;) 接続は驚くほどあっという間で、途切れることも今のところなく、安定しています。

ZWIFTで実走(!?)してみよう!

ここまでできたら、あとは走ってみるだけ! 思いのほかスムーズで簡単でした!

ルートやらトレーニングやらを選んで走ってみる

ZWIFTアプリのメイン画面
ZWIFTアプリのメイン画面
とりあえず適当なルートで走ってみることに
とりあえず適当なルートで走ってみることに

使い始めたばかりでUIの読み方がまったく分かりませんw とりあえず、「ルート」というのがあったので、その中から適当なものを選んでライドしてみることに!

スマートトレーナーでない、普通の固定ローラーでもできた

固定ローラーでもZWIFTできた!
固定ローラーでもZWIFTできた!

我が家はスマートトレーナーがなく、普通の固定ローラーなのです。なので、最初はできないのかと思っていたのでした。ところが、実際ZWIFTを試してみたところ!

おぉお、動く、動くぞ(゚∀゚)! ちゃんと漕いだ分だけパワーと速度が上がり、坂では速度が落ちて、バンバン抜かれていきます(◎_◎;) グヌヌヌ

なんだ、スマートトレーナー要らなかったのか!? どこが坂か、画面では斜度の変化が分からない(分かりづらい)ので、自動で負荷が変わったほうがいいのでしょうが、お試しでやる分には普通の固定ローラーでもできることが分かりました。

という訳で、ワタクシZWIFTデビューしました! なお話でした! もちろん、無課金です(゚∀゚)! いつまで無課金ユーザーの矜持を保ち続けることができるのか!? ZWIFTのレース中に突然消えたら、お察しください!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ