S-Works Venge危機一髪(;´Д`) ブレーキパッドを換えたらディスクロードの印象はガラリと変わる

僕のS-Works Vengeが危機一髪でした(;´Д`)
僕のS-Works Vengeが危機一髪でした(;´Д`)

ヤヴァイヤヴァイ、僕のS-Works Vengeが危ういところでした(;゚Д゚) ベンジ危機一髪、どおりで最近速度のノリが悪いと思っていたんです。皆さん、ディスクブレーキちゃんと点検してますか!?

最近ベンジが遅いんです(´_ゝ`)

最近どうにもベンジの調子が悪い。異音がね、シューシュー、ズリズリ、キーキー酷いんです(・_・;)

ブレーキ擦りながらカレコレ何カ月!?

ベンジのブレーキ擦り始めて2カ月経ちました(´_ゝ`)
ベンジのブレーキ擦り始めて2カ月経ちました(´_ゝ`)

先週の土曜日、仕事終わりに恒例の2分走にお出かけしました。2分走自体は速い人たちがいっぱいで大いに追い込めたのでありますが、どうにもこうにも気になってしょうがないことが・・・。

ちょっと! ブレーキ擦ってない!? 前輪を手で回しても空転しないってどういうことよ!?

ベンジのブレーキパッドを擦りながら2カ月経ちました

前輪が空転しなくなって、はてさてどれくらいでしょう? 8月の八方ヶ原ヒルクライム前には症状が出ていたような・・・。ということは2ヵ月以上放置(;゚Д゚)

ブレーキパッドが完全摩耗していた(; ・`д・´)

ブレーキ擦りまくりでパッドが極摩耗
ブレーキ擦りまくりでパッドが極摩耗

ブレーキパッドと擦らないようにフロントホイールの締めを甘くしていたのでしょう。JBCF群馬ロードの車検でもそのことを指摘され、増し締め。ほとんど前輪がフリーで動かない状態で走ったのは良い思い出であります(´_ゝ`)

しかし、沖縄を目前にしてこの状態はとてもまずい! いい加減ストレスもひどいので、満を持して、購入から3ヵ月、走行距離4000km超でようやく“初回点検”に出したところ!!!

ハイ、確かにブレーキ擦ってました(´_ゝ`) 輪行のときでしょうか、どこかにぶつけて曲がったみたい?

ブレーキパッド自体もすごい減っていて、まぁ。。。やヴぁい、立派な整備不足じゃん(・_・;)

前輪よりも後輪のパッドの減りが多い謎

前輪よりも後輪のパッドの減りが多い謎
前輪よりも後輪のパッドの減りが多い謎

しかし不思議なのはパッドの減り具合。ワタクシ、基本的にブレーキは前7:後ろ3を心掛けているのです。バイクの教習で習った急制動の授業が骨身に染みておりまして、制動は前を基本に、後ろは(ロックしやすいので)車体コントロールを心がけておりました。

なので前のパッドのほうが減っているかと思いきや! スッカラカンになっていたのは後ろのブレーキパッドなんだな!? まぁ、不思議(・_・;)

ベンジで後輪ロックするようなハードブレーキとか一切したことないのに・・・。そもそも、ベンジというかスラムのディスクブレーキ、制動力が高い割に軽くてコントローラブルで挙動不審になることもなかったのでありますが・・・。

SwissStop(スイスストップ)Disc 32 RSに交換してみた

という訳で、パッドの擦りを直してもらおうとショップに持ち込んだところ、パッドの摩耗が発覚したのであります(;^_^A、勢いで新しいパッドを入れてもらうことにしました。

スイスストップのDisc 32 RSって何?

SwissStop(スイスストップ)Disc 32 RSに交換してみた
SwissStop(スイスストップ)Disc 32 RSに交換してみた

ワタクシ、お恥ずかしながらディスクブレーキのブレーキパッドがこんなにも早く摩耗するとはツユにも思いませんでした(;´Д`) スラム純正に限って言えば3000km持てば御の字か!?

んで交換していただいたスイスストップのDisc 32 RSの特徴はというと・・・

●smooth feel in the brake lever(スムーズなブレーキタッチ)
●predictable and progressive brake power(予測できて漸進的な制動力)
●very high durability(優れた耐久性)
●consistently quiet operation(制動中も静か)

Disc 32 RS

ふむふむ、どんなものでしょうかね?? スラム純正ディスクブレーキの滑らかで確かな制動力に驚きましたで、スイスストップのパッドに換えたらどうなるのか? 楽しみであります。

パッドで“効き味”は結構違う。SwissStop Disc 32 RSのファーストインプレ

ブレーキの擦りを修理してもらってパッドも交換してもらって、おぉ、ベンジの前輪が空転しまくり(゚∀゚)! もうこれだけでワタクシは幸せです(´_ゝ`)

ソフトで滑らか、ガツンと来ることがない制動力

SwissStop Disc 32 RSに換えたらブレーキフィールが劇的に変化
SwissStop Disc 32 RSに換えたらブレーキフィールが劇的に変化

こういうインプレは最初の印象が本当に大事ですからな。慣れてしまえば何使ってもほとんど同じ(暴論)。なので、250kmほど走ってみて感じたことを書きなぐりますと・・・。

交換直後の道中と宇都宮⇔東京のジャパンカップ応援ツアー250㎞で試してみたところ、スイスストップのDisc 32 RSのフィールに驚いた! スラム純正と比べて、めっちゃソフト(;゚Д゚)

ハードなブレーキは(幸か不幸か)してないけれど、ややもするとスラム純正と比べると制動力がマイルドになったと思ってしまいそう。想定した停止位置が、ほんの気持ち伸びるかも、という感じ。

その一方で、スラム純正のときにあった停止間際、低速域のガツンと効きが深まる感じが皆無。よりコントローラブルに、スムーズに止まるようになった印象です。

調整がさすがなせいか、音鳴りもほとんどしないし、とにかく滑らか。「predictable and progressive(予測できて徐々に効く)」という謳い文句どおり、(気持ちスラムよりも制動距離が延びる感じがするものの)、思ったとおりに止まり、速度をコントロールでき、それでいてマイルドであることは間違いありません。

パッドひとつで印象が変わる

リムブレーキのときはなかったパッドという選択肢
リムブレーキのときはなかったパッドという選択肢

パッドひとつで思いのほか印象が変わるものですな。自転車パーツのアップグレードに「自分に合ったブレーキのフィーリング」という選択肢が増えたように思います。

リムブレーキのときは、フィーリング云々の前にキチンと効くのか、急制動でもロックをどこまで回避できるかが大事(ロヴァール50mmは何度死にかけたか(;^_^A 実際コントロールできなくて落車したし)でしたが、ディスクブレーキではより使いやすさやフィーリングも突き詰められそうです。

制動力は大前提として、どれを選ぶか (握った直後にガツンと吹っ飛ぶくらい効くか、時間かかってもマイルドに効くか) は自分次第。

スイスストップのDisc 32 RSに限って言えば、心配はこんなにソフトで耐久性大丈夫かな。。。くらいでしょうか。3000㎞持つかな、どうかな(・_・;)

以上、ブレーキパッドはディスクロードの立派なアップグレードパーツだ! スイスストップDisc 32 RSを使ってみた! なお話でした。しっかり整備していただいて感謝感謝。頼れるショップのある有り難みよ。

ツール・ド・おきなわに向けた準備も着々進行中。あとは走行性能で最も大事な決戦タイヤとチューブだな。今週中に交換してシッカリ試走するぞ(`・ω・´)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ