自転車の整備もロクにできないのにw 猫の脱走防止扉をDIYしてみた

クロちゃんのためにローディーはひと肌脱いでDIYします
クロちゃんのためにローディーはひと肌脱いでDIYします

自転車ネタとネコ話が混在し始めて恐縮であります(;^_^A 近い将来、方向性を考えなくては。という訳で、本日は猫のお話。自転車整備もロクにできないのに、なんと、このborikoが、猫の脱走防止トビラとキャットウォークをDIYしたんですよ~(゚Д゚)クワッ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

猫の脱走防止トビラをDIYする

クロちゃんと住み始めて、まだ1日も経ってないうちにデゲメン氏が一念発起。「おい白髪、クロちゃんが脱走しないように内扉つくれや」と仰るではありませんか!

デゲメン氏は本気だった

猫快適・安全環境の制作に並々ならぬ意欲を燃やすデゲメン氏
猫快適・安全環境の制作に並々ならぬ意欲を燃やすデゲメン氏

脱走防止の内扉なら、出来合いの良さげなものが楽天などなどで売っているではありませんか。なぜそれを買わない!?と具申したところ、あっけなく却下

コーナンで2×4の角材とその他諸々の建材をゲット。さらに、内装の色と合わせるために塗料まで購入してきて、うわっコノ人本気だ(゚Д゚;)と、僕は腰を抜かしたのであります。

技術科で常に落第ゾーンだったborikoがDIYですか

このborikoに工作をさせようというのか!?
このborikoに工作をさせようというのか!?

何を隠そう、ワタクシ、技術科が大の苦手でありまして、中学の技術科では5段階中2を取るのが精いっぱい。「完成予想図と実物は違う」が唯一得た知見でありました。

そんなワタクシが、どなたかのブログやYouTubeを見ただけで、設計図すらつくらずに内扉をつくることができるのか!?

トビラっぽいものはできたけど

完成した内扉の改修作業に早速取り掛かるデゲメン氏
完成した内扉の改修作業に早速取り掛かるデゲメン氏

できるわけないじゃないですか(*´ω`)ヤダー 遠くから薄目で見ると、何となくトビラっぽいものができましたが、近くから見てはいけません。

均一サイズのスノコを張り合わせただけなのに、なぜかズレる、隙間が空く。立て板をつなぐ横木はクロちゃんが足をかけるのにピッタリで、簡単に乗り越えられてしまう雰囲気が盛り盛りです。

当然、デゲメン氏は仕上がりに満足されてない模様で、多分近々自分でやり直すでしょう。というか、もうすでにやり直し始めています(´;ω;`)ウッ…

猫が自由に動けるキャットウォークを自作する

出来上がった内扉を早速デゲメン氏がやり直している横で、続いてはキャットウォークという名の棚をDIYします。

キャットウォークという名のドンキーコング

キャットウォークはトビラより簡単でシンプル。2×4の角材を柱にして、水平になるように板を渡せばいいのです。

水平?? どうやって出せばいいんだぉ(^ω^)?

お、もう釘穴開けちゃったよ!? えぇい、ままよ! あとはデゲメンが何とかしてくれるはず!

猫が自由に歩ける棚を自作したよ
猫が自由に歩ける棚を自作したよ

さぁできました(゚∀゚)! 紆余曲折ありましたが、できてしまえばALL OK! どうですか・・・まるでドンキーコング。めっちゃ斜めで傾いておりますな。。。(・_・;)

狭い家でも猫が自由にくつろいでくれるならば良し

と言う訳で、中学卒業から約30年ぶりにトンカチとノコギリを握ったborikoの力作は、現在デゲメン氏による全面改修作業中(;^_^A DIYなんてやるものではありませんw

少しずつ猫的環境が整いつつある、かな?

クロちゃんがケージから出るその日のために、過ごしやすい環境を整えます!
クロちゃんがケージから出るその日のために、過ごしやすい環境を整えます!

このDIY作業と猫グッズの買い出しで土日は丸つぶれで、平日の今もなお改修作業が続いております。出来合いのモノを買ったほうが費用は半額~2/3ほど安く、しかも効果は実証済みで信頼できたかもしれません(;^_^A

まぁソレはソレでどうでもいいのだ。大切なのは、新しい家族としてお迎えしたクロちゃんが自由に快適に安全に過ごせる環境を用意すること。

トライ&エラーでクロちゃんにはご迷惑をおかけしますが、過ごしやすい環境をデゲメン氏と用意しておきますで、のんびり環境(と人間)になれておくれ(*´ω`)

以上、えぇborikoがDIY!? 自転車の整備もロクにできないのに(◎_◎;)!? なお話でした。それにしても、ホンット自転車乗ってる時間と体力とゆとりが一気になくなってきた。週明けの月曜日、いつもの1分走やってみたら搾りカスをさらに搾り取るみたいにキツカッタよ。。。このままだと外乗りはおろか練習も厳しくなるかもしれん。。。早う人間もこのリズムに慣れないといかんわい(;´Д`)

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
猫との日々
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    たかにぃさん、ありがとうございます。

    なんとワイルドなwww
    クロちゃんはどんな反応をするのか、今から怖いような楽しみなような(;^_^A

    昨日の昨日、突如間接的に触らせてくれるようになりまして、狂喜乱舞しております。
    焦りは禁物ながら、十分人馴れしてケージから出せる日が待ち遠しいです(*´ω`)

  2. たかにぃ より:

    若猫のうちは遊ぶ場所作ってやれば本当に動き回りますよ。我が家は最初外飼いだったので尚更ですが、体重軽いうちは網戸を天辺までよじ登り、そこからジャンプしては鳥を取っていました。(キャットタワー買った後に要らないことに気付きました。)

    あと、こちらが気合いを入れて用意しても、猫の好みはそれぞれです。
    猫用の出入り口を無視して網戸開けて出入りしたり、猫ちぐらよりダンボール箱が好きだったり、高い玩具には目もくれずに自力で獲って来たネズミや小鳥で遊んだりとか…

    だから人から見た出来不出来は関係なく、色々選択肢を増やしてあとは猫任せが良いですよ。

タイトルとURLをコピーしました