さよならThe Gorby! VO2max練ならRattlesnakeが良いと思う理由

Rattlesnakeは良い練習だな(虚栄心を満たしてくれるという意味で
Rattlesnakeは良い練習だ(虚栄心を満たしてくれるという意味で

思うところありまして、先週から平日の練習内容を少し変更。もうちょっとゾーン5以上の時間を増やしたいという思いから、The Gorbyを!! 入れる代わりに「Rattlesnake」を復活させましたの。いやぁしかし、このRattlesnake、良い練習かもしれない。。。完遂できるから(´_ゝ`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴルビーは無理だがRattlesnakeは完遂できる

ロングインターバルvs.ショートインターバルという違いこそあれ、ゴルビーとRattlesnakeはどちらもVO2maxを刺激する練習。どちらも良い練習ですが、どうも僕にはRattlesnakeのほうが合っているかも・・・

「もう無理かも・・・」と思わせといて完遂できるニクい仕様

心が挫ける二歩三歩手前で完遂できるRattlesnake
心が挫ける二歩三歩手前で完遂できるRattlesnake

VO2maxを刺激する練習なので、キツいのはキツいのですが、なぜか完遂できてしまうのがRattlesnakeであります。

1セット目はともかく、2セット目の最初のほうや3セット目などは「もう無理かも・・・」と思っちゃう。でも、終わってみるとなぜか完遂できております。後半にかけて段々強度が緩んでいく絶妙なさじ加減のおかげでしょうか。

おかげさまで、ゴルビーのときのように心挫かれる経験は一切なし。自尊心と虚栄心を満たすことができて、僕は今日も幸せです(´_ゝ`)

Rattlesnakeの詳しい仕様やインプレは過去記事をご覧くだされ ⇒ ゴルビーより楽で効果アリ!? ショートインターバルRattlesnakeに挑戦

高強度の時間が増えるのが良い

Rattlesnakeの何が良いかな?と言ったとき、まず挙げられるのが前述の「完遂できる」こと。高強度の練習で、端から「無理ゲー」と思ってやる練習と「前はできた」と思って臨む練習ではやる気が違います。

持続時間はゴルビー並み

高強度の時間はゴルビー並みかそれ以上
高強度の時間はゴルビー並みで強度はゴルビー以上

そしてもう1つの良い点が高強度の持続時間。1時間の練習でゾーン5以上の約25分は、ゴルビーと等しく効率的。しかも完遂率は(僕の場合は)ゴルビーより圧倒的に高い

さらにさらにゴルビーよりも強度が高い。これは効率が良いと言わざるを得ません。

こういう練習、何と表現すればいいのでしょうか。コスパ最強? お買い得?? 一石二鳥???

不思議とMMPカーブを更新する

RattlesnakeやるとMMPカーブが上方修正される
RattlesnakeやるとMMPカーブが上方修正される

さらに、毎回Rattlesnake終わった後のデータを見ていた面白いのがMMPカーブです。5分くらい(正確には3分後半)から12~13分まで、ベストを更新する勢いでMMPカーブの上限に張り付いています。

これは・・・つまりどういう意味!? どんな解釈が成り立つのか分かりませんが、とりあえず気分が良い(´_ゝ`)オイ

高強度の時間を増やせて、しかも完遂できて、しかもしかもMMPカーブを更新できるなんて、申し訳ないくらいに虚栄心をくすぐってきますな、この練習は。疲労もそれほど残らない感じで、週2回は余裕でできそうだ・・・しないけど(-_-;)シナイノカ

以上、Rattlesnakeを普段の練習に取り入れたい、たった1つの理由 ⇒ 虚栄心を満たしてくれる 完遂できるからなお話でした。最近ではThe Wringerも完遂率が上がってきてホクホク顔のワタクシです。その一方で、クリスクロスはなぜあんなにも地獄で完遂率が低いのか。。。あ~やりたくねぇ、もうやりたくねぇクリスクロス(;´Д`)

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
トレーニング
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました