ハイエンド・ロードバイクはますます高嶺の花⁉ 自転車の価格が2022年も上がる理由

2022年もロードバイクの値段は上がり続けます、その理由とは!?
2022年もロードバイクの値段は上がり続けます、その理由とは!?

最近ちょっと思うのですが、ロードバイク高くないですか!? お値段が年を追うごとに上がる一方(◎_◎;) もうちょっとお求めやすくなってはくれまいか! そんな我ら庶民の願いをヨソに、残念ながら自転車の価格は今後も上昇傾向です。なぜロードバイクの値段が上がるのか、その理由をPin Bikeの記事をもとにご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロードバイク高くなったな~

ロードバイクのお値段、ここ数年で見違えるように上がりましたねぇ。単純に「0」が1つ増えました(;^_^A

あぁ無情! ロードバイクはさらに手が届かないものに!?

あぁ無情! ロードバイクはさらに手が届かないものに!?
あぁ無情! ロードバイクはさらに手が届かないものに!?

僕が自転車を始めたときはS-Works完成車100万しなかったと思うんです。ほんの5~6年前ですぜ!?

ところが今はどうですか! 軽自動車を超えてしまった、人力なのにw

車が安いのか、それともロードバイクが高いのか・・・。もう僕には分からないよ┐(´∀`)┌ヤレヤレ

ロードバイクの価格は今後も上がり続ける理由

すでに高嶺の花になりつつあるロードバイクでありますが、残念ながら価格は今後も上がる傾向にあるそうな。その理由をPin Bikeの記事「5 Reasons Bike Prices Will Probably Keep Rising in 2022」が解説しています。ザックリ要約しますと・・・。

理由① 台湾の人件費が高騰

ロードバイクの値段が上がる1つ目の理由が人件費。自転車の産地(?)として知られる台湾では、来年1月から最低賃金が5.21%上がるのだそう。

5%上がるって凄いね(◎_◎;)! 日本も7月に3%の引き上げが決まりましたが、それを上回る勢い。ドルベースにしたら、台湾と日本の最低賃金ほとんど変わらないのでは!?

理由② 原材料費が高騰

続いての理由が原材料費の高騰です。Pin Bikeによると、特にアルミの価格が高騰しているそう。

そして地味に影響しているのが段ボールの価格上昇。コロナの影響で段ボール価格が上昇したのも「アマゾン効果」に含まれるらしい。なるほど、そうなると次はアレですな!?

理由③ 輸送費が高止まり

3つ目の理由が高止まりしている輸送費。コロナのせいでコンテナ不足になって輸送が大変! といったニュースは記憶に新しいかもしれません。我らがWiggleもいつまで送料無料を維持してくれるのか!?

理由④ 納入期間が長い

続いての理由が、リードタイム(注文から納品されるまでの時間)がとてつもなく長いこと。Pin Bikeの取材によると、大手コンポでも納品まで600日かかるんだとか(◎_◎;)!

600日ですか。。。「2年先を見越して注文しないといけない」とありますが、流行も何もあったものではありません。企業も大丈夫なのかね、資金繰りとか資金繰りとか資金繰りとか・・・。

理由⑤ 需要が積み重なりますよね?

ロードバイク始めたい人が増加中!
ロードバイク始めたい人が増加中!

①~④の要因が重なり合って、注文すれども品はない。でも、自転車欲しい人はいる。そうすると、欲しい人がどんどん増えて増えて、まだ増える! まさに累積需要(Pent-up demand)でして、価格上昇をもたらす一番分かりやすい要素です。

コロナのおかげで、通勤や健康維持、スタイルとしてもロードバイクの素晴らしさが脚光を浴びました。もう欲しい人続出で業界ウッハウハ・・・

かなぁ、どうだろう?? 需要がないよりは数百倍いいけど、業界の人は心中、気が気じゃないだろうなぁ(-_-;)

待てども暮らせどもロードバイクが来ないなら!

という訳で、今注文しても届くのはいつになることやら!? 気に入ったものがあったら、清水の舞台から飛び降りて発注するしかありません。いやでも待て、ロードバイクが来ないなら・・・

マウンテンバイクにすればいいじゃない(゚∀゚)!

ロードバイクが来ないならMTB買えばいいじゃない!?
ロードバイクが来ないならMTB買えばいいじゃない!?

ロードバイクが来ないなら、マウンテンバイク買えばいいじゃない!?どっちも人力であることに変わりはな・・・

むしろマウンテンバイクのほうが在庫がない!? 値段が高い!? 走る場所もない!? うへぇ、これはもう初志貫徹、今すぐロードバイク注文しにいこ。。。

以上、買うなら今! ロードバイクの価格は今後も上がり続ける予報です(;´Д`)なお話でした。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    たかにぃさん、ありがとうございます。

    お返事が遅くなり申し訳ありません。

    なんと、MTBも(が!?)パーツ少ないのですか(;゚Д゚)
    ワタクシ、この冬コンポのアップグレードを画策しておりますが、果たしてできるのだろうか。。。
    ブレーキディスクやチェーンもそろそろ交換時期な気がするし。。。

    この冬はマウンテンバイク乗りまくりたいのでお店に相談してみます!

  2. たかにぃ より:

    シマノのパーツで言うと、ロード用は流通しているけれど、MTB用が本当に少ないです。半年以上待ちでパーツ注文中、2023年シマノの新型工場が完成するまで状況改善の見通し無しとのこと。あおりを喰って米国SRAMも不足だから、フランスやカナダのマニアックメーカーで凌ぐしかなさそうです。

タイトルとURLをコピーしました