東京の夜景サイクリングを海外の人が再現するとこうなる!? ZWIFTにAKIRAの世界、「Neokyo」現る

ちょっとZWIFTログインしてみてください!
ちょっとZWIFTログインしてみてください!

なに~、今日からNeokyo解禁だったのかぁ(゚Д゚;)! 何の話? ZWIFTの話ですよ。日本を模した新しい仮想空間=メタバースができたそうなのです。うわぁ、、、しっかり逃してしまったじゃないか(;^_^A

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Zwiftに日本のAKIRAの世界が!

ZWIFTは仮想空間なのだから、現実にはない世界をガンガンどうぞ!と思います(*´ω`) しかし、海外から見ると日本ってエキゾチックなのねぇ。

AKIRAの世界に親近感!

日本の都心ってネオン街ってイメージなのね
日本の都心ってネオン街ってイメージなのかしらね

そして本日(19日)ZWIFTにログインしたら、おぉ、なんと日本を模した仮想空間「Makuri Island」に新マップ、その名も「Neokyo」が追加されているではありませんか(゚∀゚)!

来るぞ来るぞと言われていた「Neokyo」のアップデート、今日(19日)だったんかぁ。しっかりトライするの忘れてしまった(;^_^A

しかし、皆皆さんの画像を見るに、これは何ともAKIRAはたまたブレードランナーの世界ではありませんか! おおぅZWIFTの中の人は同世代な感じで親近感ですぞ(*´ω`)

Neokyoはフリーライドだけ(当面の間)

自分でトライしてないのに書くのも何なのですが、せっかくなので触りだけ。まだNeokyoはフリーライドのみのようですね。

Makuri Islandの倍のサイズで8つのルート

Neokyoのマップだそうです
Neokyoのマップだそうです

CyclingTipsによるとNeokyoのサイズはMakuri Islandの倍の広さで、現時点で用意されているコースは8つ。その中の1つ「Temples and Towers」は総延長32.5kmで獲得標高689.2mだそうで、ふむふむヒルクライム練習に使えそうかも!?

ちなみに現時点ではまだフリーライドのみで、ミートアップやレースはこれからだそうです。

Neokyo is only available for free rides at the moment, but Zwift hopes to open meet-ups and events on the new map soon.

ZWIFT’S NEOKYO CITY IS OPEN FOR VISITORS

何と言ってもZWIFTはメタバースですから

ロードバイク界は、古式ゆかしい自転車ながら、“枯れる”どころかまだまだ発展途上でありますな。何と言っても「メタバース」ですから(* ´艸`)イイタイダケ

ローラー練復活させよう

最近ローラー練のDNFが多すぎるんですが(;^_^A
最近ローラー練のDNFが多すぎるんですが(;^_^A

出張のあと体調崩したり、仕事が忙しくなったりで、練習どころでなくなってしまった今月11月。おかげさまで、Gorbyはおろか、SSTすら完遂できなくなってきました(;^_^A

練習した後は放心状態で、1日経っても回復しなかったりするし、まぁ困った。練習する度に自分の衰えを感じるってイヤですねw

今月は練習も実走もほとんどできなそうだけど、お仕事峠を乗り切って、何とか生き残りたいものでございます。そしてNeokyoを走るのだ!

以上、ZWIFTに新しい仮想空間「Neokyo」が追加されました! なお話でした。何と言っても、僕らメタバースの住人ですから(* ´艸`)ウフフ

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    たかにぃさん、ありがとうございます。

    おぉ、早速にトライされましたか、早い(◎_◎;)
    なるほど~、せっかくなので富士山上るコースとか作ってくれると嬉しいですねぇ。

  2. たかにぃ より:

    Neokyoの距離長いほうから6コース走ってみました。
    Temples and Towersに期待しましたが獲得標高332mしか無く、残念ながらヒルクライム練習向きじゃなさそうです。新コースは全般的にセグメント使った15秒~2分領域の練習向きっぽいです。

  3. boriko より:

    YSさん、ありがとうございます。

    あれはワークアウトしてるだけに表示されるものですよ~
    よく見ると、ワークアウトの指定パワーに色が変わったり、実際出しているパワーが表示されています。

    ワークアウトやってる本人には見えないので、他の人の譜面台が出てるの見て「あ、この人ワークアウトやってるんだな」くらいの感覚で眺めております。

  4. YS より:

    前からわからなかったのですが、ZWIFTのアバターでハンドルの前に譜面台のような光るものを付けて走っているのはなんなのですか?

タイトルとURLをコピーしました