ロードバイクで静岡県民のソウルに触りに行こう!ネタだと思った「のっぽパン・しぞーかおでん味」を考えたの誰!? 凄過ぎwww

静岡県民のソウルフードを食べに行こう!
静岡県民のソウルフードを食べに行こう!

11月の勤労感謝の日に有給ぶちこんで4連休にしようとする人がいるんですか!? まぁ、許せない!! でもそのおこぼれには預かりたい(`・ω・´)! という訳で、勤労に感謝しまくって4連休を獲得したデゲメン氏のコバンザメで僕も勤労に感謝しようと思いました。向かった先は、かねてからずっと行ってみたかった沼津の「のっぽパン直売所」! ここに静岡ならではの限定・超マニアックのっぽパンがあるというのです!

スポンサーリンク

静岡県民のソウルフードを求めて

「のっぽパン」とは、1978年発売の静岡生まれの菓子パンのこと。細長いコッペパン(のようなパン)にクリームが入っているのが特徴です。

静岡県民が愛してやまない「のっぽパン」を求めるライド

静岡県民が愛してやまない「のっぽパン」を求めるライドのコース
静岡県民が愛してやまない「のっぽパン」を求めるライドのコース

「静岡県民のソウルフード」とも言われるのっぽパン。工場直売できたてほかほか!?なのっぽパンが味わえる場所が沼津にあるそうな。場所は沼津の一大観光地「沼津港」のすぐ近く(沼津市西島町20-2)で、地図を見れば「おぉ、あそこか」となる場所。

かくいうワタクシも伊豆ライドのとき、何度も目の前を通り過ぎておりました(;^_^Aシランカッタ

場所はもう全然問題なく分かったので、あとは現地に行ってみるだけ! 東京から自走で約140km、のっぽパンを買うためだけに沼津に向かうことにしたのです。

今年の11月はアツいぜ(;´Д`)

ちなみに、「のっぽパン」は親会社の事業再編に伴い、販売終了の危機に直面したことがあるそう。それをグループ会社のパンデロールが引き継いで、現在の地位を確固たるものにしたのだそうな。

地獄の渋滞246はアツかった

渋滞と暑さで道中の写真はこれ1枚のみ。。。
渋滞と暑さで道中の写真はこれ1枚のみ。。。

さて、この日勤労感謝デーは、前述のとおり有給勝ち組の皆さんがこぞって遠出だったのでありましょう。おかげさまで国道246号線は地獄のような大渋滞(´_ゝ`)

気温も11月とは思えないような暖かさ、というか暑いくらいで、ほぼ真冬装備で身繕いしてしまって大後悔でございます。

渋滞と暑さにやられて道中の写真は1枚もなし。唯一撮ったのが↑の写真ですが、はて、なんでコレを撮ろうと思ったのだっけ!? 多分「冬用グローブ要らなかったぁ(;´Д`)」を伝えたいがために撮ったのだと思います(記憶になし)。

やってきました、のっぽパン直売所!

普段の倍の交通量はあろうかという246を上り切り、下り切り、ようやく沼津に到着! 予定より1時間近く遅れてしまったけれど、期待の逸品は残っているでしょうか!?

直売所! その甘美な響き(゚∀゚)!

やってきました、のっぽパン直売所!
やってきました、のっぽパン直売所!

沼津駅から沼津港目指して十数分、遂にたどり着きました、のっぽパン直売所!!

思えば、僕らは「直売所」という響きが大好き。「何か良いものがあるかもしれない」「ほかよりも新鮮で美味しいものが見つかりそう」「地元の採れ立てと出会えそう」などなど、直売所には何かポジティブなイメージがありまして、そうしたイメージを今まで自転車で訪れたほぼすべての直売所がさらにポジティブに上書きしてくれました。

きっと、この「のっぽパン直売所」にも凄いものがあるに違いない。そう思った我らの予感は・・・

大当たり! 直売所はやっぱり最高だ

この日の直売所の成果
この日の直売所の成果

小さなコンテナを改装した直売所に一歩足を踏み入れた瞬間、僕らの予感と期待が想像以上に上書きされるであろうことを確信。

なぜって、直売所の棚という棚に、ぎっしりどっさり、のっぽパンだらけ(゚∀゚)! 定番のミルククリームを探すのが難しいくらい、今まで見たことも聞いたこともない種類ののっぽパンが所せましと並べられています!

選びきれないほどたくさんあるのっぽパンの中から、苦渋の決断と選択の結果がコチラ(↑)。直売所には、のっぽパン以外にも、のっぽパンのグッズやパンデロール独自のパンが売っていたりして、ほんと何買おうか迷っちゃう

いやぁ、来てよかったのっぽパン。直売所はやっぱり期待を超えて期待に応えてくれる、最高のデスティネーションだ(゚∀゚)!

静岡の魂を味わう!? 静岡おでん・のっぽパンが凄かった

のっぽパン直売所の一番のお目当ては、ここでしか買えない・食べられないという「のっぽパン・しぞーかおでん味」! 12時過ぎの到着で、何とかギリギリ購入することができました。

想像以上にベストマッチでワロウタwww

のっぽパン・しぞーかおでん味、考えた人凄過ぎwww
のっぽパン・しぞーかおでん味、考えた人凄過ぎwww

「おでんにパンって、汁でパンがびしょびしょになっちゃう」という心配は無用。おでんの汁はゼリー状に固められているので、ふわふわのパンを台無しにすることはありません。

それよりも気になるのが、「おでんとパンって合うの!?」という組み合わせの疑問点。実際、僕も「おでんがパンに合うわけない。ネタに決まってる」と鼻で笑っていたのですが・・・。

おでん・のっぽを貪り食うデゲメン氏から奪い取って、ひと口食べてみたところ、なななな~、これめっちゃ美味くない(◎_◎;)!? ズッシリ重量感があり、味もたっぷりしみ込んだおでんの具を、口当たり軽やかなのっぽパンのパンがしっかり受け止めているではありませんか!

これは美味い、久しくこういう総菜パンで美味しいと感じたことはありませんが、アリだぞ、のっぽパン・しぞーかおでん味(; ・`д・´)

静岡県民は、こんな美味しいものを日常的に食べているのか!? え、なぬ、まだのっぽパン・しぞーかおでん味を食べたことがない!? 静岡県民なのに!? 今すぐ沼津行って、その魂を清めてもらってきてください!

以上、ロードバイクで静岡県民のソウルに触りに行こう!ネタだと思った「のっぽパン・しぞーかおでん味」が想像以上の美味しさで、考えた人凄い思いました(゚Д゚;)! なお話でした。のっぽパン、ほんと東京では買えませんですから、まさにご当地という感じで素晴らしいであります。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました