猫の歯周病の恐ろしさを知らなかったばっかりに・・・。黒猫氏、2023年のクリスマスプレゼントに奥歯を全部抜かれてしまった

黒猫氏が大変なことになっていた(;´Д`)
黒猫氏が大変なことになっていた(;´Д`)

おおっと、2024年の富士ヒル開催日が6月2日(日)と発表されましたね! 来年の目標設定に沸き立つローディーも多数いる中で、あぁあぁ、ワタクシそれどころじゃありません(; ・`д・´) く、く、く、黒猫氏、単に口臭いオッサン猫かと思いきや、歯めっちゃ悪いじゃんけ!! 本日はロードバイクは閑話休題。猫にもあるとは、歯周病の恐ろしさ(◎_◎;)なお話です。

スポンサーリンク

黒猫氏をスケーリング(歯石取り)に連れていくことにしました

黒猫氏は、一緒に暮らし始めた2020年6月当初から、やや口臭がキツい黒猫さんでした。その原因は歯石にあるらしい。ほへぇ猫も歯石溜まるんかい(・_・;)

口臭はいよいよキツく、どうやら痛みもある模様

意を決して黒猫氏の歯石を取りに行くことに
意を決して黒猫氏の歯石を取りに行くことに

そう言えば、黒猫氏、過去にも一度口の痛みと口臭のことで相談すべく動物病院へ連れて行ったことがありました(⇒参考記事)。当時は口内炎の疑いで、痛み止めと抗生剤を処方され、さらに口腔内の環境改善に役立つという謎のサプリメントを購入。このサプリメントを、黒猫氏が本気で大嫌いで食べさせるのに苦労したものでした(;^_^A

そのときは、痛みが治まったのか、食事も食べられるようになり(口臭は変わらず)、お医者さんとも相談して、「頃合いを見て歯石取りしましょう」くらいの感じで終わりましたのです。

それから丸々2年が経った先週末、黒猫氏が食事中に痛がる素振りを見せて、デゲメン氏が緊急警報を発令。これはいけない!ということで、慌ててお医者さんを予約して歯石取りプラス歯の治療をしてもらうことにしたのでありました。

歯石取るだけかと思ったら歯まで取れた(◎_◎;)

猫の歯石取りは全身麻酔で行う、ちょっと大掛かりなプチ手術だそう。その日の内に引き取れるものの、丸1日かかるそうでして、デゲメン氏が朝イチで黒猫氏を預けに行き(僕は仕事で付き添えず)、夕方一緒に引き取ってまいりました。

取ったのは歯石だけではなかった

歯石取るだけかと思ったら歯まで取れた(◎_◎;)
歯石取るだけかと思ったら歯まで取れた(◎_◎;)

そうしたら、もうビックリもビックリ。お医者さんが開口一番、「大変でしたよぉ」とひと言。テッキリ歯石取るだけで終わるのかと思っていたら、歯周ポケットが相当深く、歯茎にも腫れがあり、抜歯をせざるを得ない状況だったのだそう(◎_◎;)

上下4本の奥歯と下あごの臼歯(?)1本を抜くという一大事で、2時間もかかる大手術になってしまったそうなのです。

てっきり歯石を取るだけで終わるのかと思ったら、歯まで抜く羽目になるとは・・・。猫の口が臭ったら危険なサインだということをもっと早くに認識し、対処しておくべきでした・・・。ずっと歯の痛みに耐えてきたのかしら、黒猫氏、大変大変申し訳なかった(;´Д`)

黒猫氏と一緒にダイエットします

歯石取りから一転、口腔ケアの重要性を突き付けられた今回の診察で、もう1つ分かったことがありました。あら、黒猫さん、ちょっとお腹が僕のようにぷよぷよだったのね(*´艸`)

まん丸な太鼓っ腹

黒猫氏のレントゲン写真
黒猫氏のレントゲン写真

スケーリング(実質は抜歯)するにあたって全身麻酔をするのですが、その際、同時に血液検査とかレントゲンとかもするのです。血液検査の結果は、1つだけ基準値を超えていた(免疫反応とかの値。歯周病のせいではないかとお医者さん談)けど、それ以外は驚くほど健康・良好そのもの。

健康であるのは素晴らしいのだけれども、だがしかし、ちょっと健康が過ぎたみたい!? 黒猫氏のお腹、たっぷりムチムチの内臓脂肪でまん丸ポンポコリンだった/(^o^)\

これじゃぁ、まったくもってワタクシの中年太りなお腹と一緒ではありませんかw く、クロちゃん、やせよう、僕と一緒に(;^_^A

大切な家族を、これからも大切に

という訳で、黒猫氏の歯石取りがこんなにも大事になるとは、まったく予想してなくて、診察結果を聞いた時はホント腰抜けた。今年2023年は、デゲメン氏も黒猫氏も健康に難ありの1年だったなぁ(;´Д`)

来年は健康でいてくれますように

来年は健康でいてくれますように
来年は健康でいてくれますように

病院から帰ってきた黒猫氏、今回はすぐに足元に来てくれたり、じゃれたりしてくれて、何だか申し訳ない気持ちが倍になって込み上げてきます。

薬の影響か、それとも丸1日におよぶ大手術によるストレスのせいか、瞳孔が開きっぱなしなのが気になるところ。食事も全然食べないし、このままだと内臓脂肪ダイエット、先を越されてしまう(;´Д`)

多少太ってても全然良いから、とにかく元気で健康でいてほしいですわい・・・。来年こそはデゲメン氏も黒猫氏も、もっと健康でありますように!

以上、猫の歯周病の恐ろしさを知らなかったばっかりに・・・。黒猫氏、2023年のクリスマスプレゼントに奥歯を全部抜かれてしまった:(;゙゚”ω゚”): なお話でした。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
猫との日々
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    nobuさん、ありがとうございます。

    おぉ~歯磨きしたいですねぇ。。。できるかなぁ、とてもじゃないけど、今はまだできなさそうでございます(;´Д`)

    頑張って何とか歯磨きか口腔ケアできるように努力いたします。
    歯の健康って、QOLに直結してめちゃくちゃ大事なのですねぇ。。。

  2. nobu より:

    うちはミニチュアダックスフンドと暮らしています。
    同じように、口が臭い時があると、犬用の歯磨きシートでゴシゴシみがいたり、専用の歯ブラシでガシガシ磨いています。
    小さいサイズだと、全身麻酔はすごいストレスになるようで、お話のような使い方は頻繁には使えないからとドクターからお話があったので、頑張っています。
    最初は大変ですが、歯磨き頑張ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました