これはグラベルバイクが欲しくなるw パンク覚悟の路面状況な盆堀林道・入山峠をロードバイクで走ってみた!

開通したばかりの盆堀林道・入山峠を走ってみた
開通したばかりの盆堀林道・入山峠を走ってみた

東京の西は、実は魅力的な林道がいっぱい。その1つ、盆堀(ぼんぼり)林道が通れるようになったというウワサを聞きつけ、早速に走ってきました。ひぇ~凄いガレっぷり(◎_◎;) 盆堀林道、これはひょっとしたらグラベルバイクのほうが良いのではwww

スポンサーリンク

盆堀林道はココです

まずは場所のおさらいから。盆堀林道がどこにあるかと申しますと、都内屈指の激坂として有名な、アノ峠のすぐ近くなのです。

八王子から五日市へ抜けるのに便利

盆堀林道の場所
盆堀林道の場所

こちらが盆堀林道の場所です。都内屈指の激坂として有名な和田峠に行く交差点を曲がらず直進するとたどり着けます。

ちなみに、盆堀林道は八王子から武蔵五日市に抜けるのに、ちょっと便利なルートです。甲武トンネル~和田峠を含めた周回ルートを作れたりして、ヒルクライム好きな人には選択肢が増えて良いでありますな。

凄い(ガレッぷりだ)ぞ、盆堀林道!

ではでは早速にスタート!盆堀林道を通り抜けてみましょうなのです! 盆堀林道のピークは入山峠でありまして、隠れた見晴らしスポットとしても知られております。

盆堀林道・入山峠へ行くにはこの道をこう曲がる

恩方の郵便局がレトロで素敵
恩方の郵便局がレトロで素敵

まずは気を付けるべき交差点を写真で紹介。夕焼け小焼けの里を過ぎ、恩方のクラシックな郵便局が現れると和田峠に曲がる分岐にたどり着きます。

和田峠の交差点を直進
和田峠の交差点を直進

普段だったら、ここで左折して和田峠へ行くところ、盆堀林道・入山峠に行くにはそのまま直進!

橋を渡ると盆堀林道・入山峠の入り口
橋を渡ると盆堀林道・入山峠の入り口

しばらく道なりに進むと、↑の分岐に出くわします。ここを右に曲がって橋を渡ると盆堀林道の入り口です。

柵はあるけど通行止めではない

盆堀林道の入り口、柵があるので戸惑うかも
盆堀林道の入り口、柵があるので戸惑うかも

入り口にたどり着いたものの、きっと、ここで一瞬戸惑うはず。柵があるので、「はて、これは突破することになるや否や!?」と、遵法意識が高いローディーはきっと躊躇うでありましょう。

東京都のHPでは柵があることだけが記載されている
東京都のHPでは柵があることだけが記載されている

東京都のHPを確認しますと、11月6日付で通行止めは出ておらず、「起点に柵有」の文言のみ。なのでOK、大丈夫。さぁレッツゴー盆堀!

入山峠までは約4.5km、7.2%

入山峠までは約4.5km、7.2%
入山峠までは約4.5km、7.2%

起点から頂上の入山峠までは距離にして4.5km、勾配は7.2%と、まぁそこそこの長さと斜度。それよりも気を付けるべきは路面状況です。

僕らが走ったときが偶然そうだったのか、とにかく凄い落ち葉・落ち枝(◎_◎;) 路面が見えなくなるほどの落ち葉で、たまに石が混じっていたりして、パンクが怖いことこの上ないw

思い出したけど、入山峠って僕が初めて落車したところでした(⇒参考記事)。道悪いんだよねぇ、ココ(;^_^A

五日市(あきる野)側は最早グラベル

入山峠に着きました
入山峠に着きました

タイムアタックとかするにはまったく適さない道ですので、その筋のローディーは和田峠に行かれるがよろしいでしょう。なぜなら、五日市(あきる野)側の道は、八王子側からのアクセス以上に、路面状況がデンジャラス!

あきる野側の路面状況はさらに悪い
あきる野側の路面状況はさらに悪い
終点にも柵あり
終点にも柵あり

途中、木が伐採されまくってメチャクチャ写真スポットなところがあるのですが、そこら辺から先、下り切るまでの路面がまぁ酷いこと(;´Д`) グラベルバイクあるいはMTBで来るべきだったか!?と思うような、半グラベルな状況でありました。

なので、五日市側の走行はくれぐれもご注意を。パンクの備えも忘れずに、であります。

五日市のJAで地元の美味を買おう!

盆堀林道を下り切ったら、すぐ武蔵五日市の駅に出ます。せっかく来たので、五日市の特産品を買って帰ろうそうしよう!

五日市のJA、なかなか良かった

五日市のJA直売所に初めて来た
五日市のJA直売所に初めて来た
美味しそうなお土産がいっぱい!
美味しそうなお土産がいっぱい!
奥多摩の名を冠したお酒は嬉しいねぇ
奥多摩の名を冠したお酒は嬉しいねぇ

という訳で、今回初めて入った五日市のJA直売所。初めて入ってビックリしたけど、ココは良いね! あきる野の野菜や総菜やお酒やらが盛りだくさん!!

都民の森ライドの収穫・お土産にいつも困っていたのですが、こんな素晴らしいお店があったとは・・・。いつも素通りしてしまっていて、大変申し訳ございませんでした(-_-;)

という訳で、年末年始のライドにどうでしょう!? 半分グラベルな盆堀林道・入山峠をロードバイクで走ってみた! なお話でした。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    たかにぃさん、ありがとうございます。

    そうなんですよね~、MTBだと大袈裟だけど、ちょっと路面悪いところも走りたい。
    そんな小さな欲求をかなえてくれそうということで、実はエートスを考えたりもしてましたのです。

    この前試乗したキャノンデールが想像以上に素晴らしかったので、そっちでもいいかな!?とも思ったり、いやいや、クルマ買うのだから予算ないでしょ!と緊縮財政大臣になる自分もいたりで、悩みは尽きません。
    究極、MTBでいっかwと自分を納得させてしまったり(;^_^A

    本年もどうもありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えくださいませ~

  2. たかにぃ より:

    グラベルバイクじゃ無くとも、Roubeixなどの最近のエンデュランスロードなら38Cタイヤも履けますから、半ガレ行きたいと思ったときにホイール交換やタイヤ交換だけですぐに向かえます。一台いかがです?
    我が家の玄関開けて5分で始まる里山は、頂上(海も近いので標高差600m以上)まで25Cタイヤや33Cシクロクロスタイヤで行けるので…道路は深さ20~30cmくらいえぐれているところもあり、斜度も最後のキツイところは20%超えますが…、38Cあればかなり遊べるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました