PVアクセスランキング にほんブログ村

ロードバイク & マウンテンバイクにGoPro取り付けるなら、どこがベスト? オススメ取付位置とマウントを探る

2020/08/06

ロードバイクとMTBに最適なGoPro取付位置を考える
GoPro Maxをどこに取り付けて撮るか、それが問題だ

細々とYouTube動画に乗り出したborikoです、チャンネル登録お願いします(一度言ってみたかった(´_ゝ`) さてさて、動画撮り始めて、おそらく誰もが最初にぶつかる疑問のひとつがあるでしょう? ありませんか? ありませんね。

いや、あるんです(; ・`д・´) それが、カメラの位置。どこにどうやってカメラ取り付けるかで映像の出来栄えが全然違うのです。という訳で、アクションカメラ取り付けるならどこが委員会を開催します!

GoProのチェスティ(胸マウント)買ったとです

せっかくゲットしたGoPro Maxですから使わないともったいない。MTBでGoPro Maxを使うためのマウントを買ったのであります。

チェスティ買ったよ

GoProのチェスティ(胸マウント)買ったとです

はい、これがGoProを胸につけるチェスティ(チェストマウント ハーネス(Ver 2.0))と呼ばれるものであります。アマゾン特価4500円くらいだったでしょうか。

チェスティ付けてみたよ

チェスティ着て(?)みました

んで、こちらがチェスティを装着してみたの図。ハッピをまとうように着て、胸の前でバックル(?)をパチンと留めてこのスタイルであります。

締め付け感は調整可能。帯がゴムなので身体を動いても追従してしっかりフィットしてくれます。

夏は蒸れそうだな

夏の汗がやや心配か?

ちょっと気になったのは、この胸当て部分。通気性良さそうですが、さすがに真夏とかは蒸れそうな予感。

ここら辺は使ってみて感触を確かめてみたいと思います。

ポジション① 胸マウント正規ポジション(カメラ通常取付)

はい、では早速に映り具合を確認しましょう、そうしましょう。まずはチェスティにカメラを通常の形で取り付けた状態での映像を確認します。

正規ポジションは手元がよく映る

ポジション① 胸マウント正規ポジション(カメラ通常取付)
手元・足元がよく映る(・_・;)

おぉ、正規ポジション、思いのほか手元(地面)部分ばかり映っていますな(◎_◎;) 道の先がほとんど見えず、奥行きを感じません

正規ポジションでMaxを取り付けると、斜めな身体に平行した位置になってしまうのです。それによって、映りも地面ばかりになっている模様であります。

上りでまったく使えないw

通常ポジション、ヒルクライムではまったく使えない

この視点の決定的な弱点は何かと申しますと、おぉ、上り! 足元しか映らないではありませんかw

↑の写真はV坂上ったときのもの。うん、これはダメだw 誰もオッサンの脚を凝視したくはありますまい(´_ゝ`)

ポジション② 胸マウント逆さポジション(カメラ上下逆さに取付)

正規ポジションは“ほぼ”使い物にならないことを確認。それなら、カメラを逆さに取り付けてみてはどうでしょう?

逆さに取り付けたら角度調整自由自在

ポジション② 胸マウント逆さポジション(カメラ上下逆さに取付)
カメラの角度を自由自在に変えられる

ハイ、いとも簡単にGoPro Maxが逆さまになりました。このポジションのメリットは、カメラの角度を自由自在に変えられること。

地面に対して垂直にすることができるので、先ほどのような手元しか映らない、ということにはなりますまい!?

ちなみに、カメラを逆さまにすると撮影画像も上下逆さまになりますが、カメラの設定もしくは編集ソフトで正しい天地にすることが可能です。

チェスティ逆さ取付は良い感じでは!?

チェスティ逆さポジションは良い感じ

逆さポジションでの映像の切り出しがこちら。おぉ、これはナカナカよろしいのでは!?

角度をもうちょっと地面に垂直になるよう調節すれば、さらに良い感じの画になりそう。あと、ハンドルを持つ手とペダルを漕ぐ脚が入るのも良い感じ

“自転車に乗っている感”が高まります。うん、これは良いですな(*´ω`)

逆さポジションは上りのショットも良い感じ

逆さポジションは緩斜面でも良い感じ

こちらは逆さポジションによるヒルクライムのスクショ。↑の場所はやや緩やかな上り(3~5%とか?)で、それでも上りっぽさが伝わります。

逆さポジション激坂バージョン

一方、こちらは最大斜度23%のきのこセンター手前の映像。やや激坂感が薄い気がしなくもないですが、肘の曲がりっぷりなどで斜度を表現できているかも?

ポジション③ ヘルメットポジション(カメラをヘルメットに取付)

チェスティの可能性を模索したら、続いてはヘルメットに装着してみましょう。さてさて、どんな映りになるのか!?

ヘルメットポジション、ちょっと重いか?

ヘルメットポジションはやや重い

ヘルメット上部にカメラを取り付けたの図。うむ、これは結構ズッシリ。長時間カメラを装着していると首と肩がコリそうです。

あと、思いのほか背丈が伸びまして、木の枝とかトンネルとかに引っかかりそう。。。

僕が胴長なのがいけないのかもしれません(;^_^A

おっと、これは頭が高い(◎_◎;)

ヘルメットポジションは視界広々、走行感はやや希薄

ヘルメットポジションで撮影してみた図がこちら。おおぉ、これはかなり高所から見下ろしたような構図。頭が高いでありますな(・_・;)

すごい広々として良いのですが、視線が高すぎるのが気になります。走行感がやや乏しいかしらん?

広く雄大な景色を撮るときはヘルメットポジション、良いかもしれません。

ポジション④ ハンドルバーポジション(カメラをハンドルに取付)

そして最後に試すのはハンドルバーポジション。実は、我らがレックマウントのハンドルバーマウント(タイプ7)をこのために購入したのですが、写真撮るの忘れた(;^_^A

ハンドルバーポジション、悪くないぞ(゚∀゚)!

ロードバイクのハンドルバーに付けたら良い感じの画になった

デゲメン氏のロードバイクにレックマウントでGoPro Maxを取り付けたの図。おぉ、これはチェスティ逆さポジションに匹敵する気持ち良さ(゚∀゚)!

どうやらハンドルを握っている手が映るのが良いのかもしれない。「自転車乗ってます」感がよく現れています。

しかもチェスティ逆さポジションより視界が広い! チェスティは腕が映り込んでしまうので、どうしても視界が狭くなってしまいます。それが、このハンドルバーポジションだと解消されていて、とても良いではありませんか(*´ω`)

マウンテンバイクのハンドルバーポジションはイマイチ?

MTBのハンドルバーポジションはやや拍子抜け

ロードバイクのハンドルバーポジションに気を良くして、MTBでもハンドルバーポジションを試してみました。う、うん。。。(・_・;)ドウダロウ

視界は広く、走行感もあるのですが、「自転車」感がなくなってしまった。ロードバイクと比べると、MTBのハンドルバーポジションはちょっと拍子抜けな感じでありますな(;´Д`)

「手が映り込む」というのは、どうやらとても大事な要素のようです。

自転車動画の標準的カメラ取付位置はコレだ!

という訳で、カメラ取付位置のまとめをば。これは、断然「チェスティ逆さポジション」で決まりでしょう(゚∀゚)!

チェスティ逆さポジションならロードバイクも臨場感タップリ

チェスティ逆さポジションをロードバイクでも試してみた

順位的には、1位「チェスティ逆さポジション」、2位「ロードバイクのハンドルバーポジション」、3位「ヘルメットポジション」という感じ。

「チェスティ逆さポジション」はロードバイクでも有効なようで、ベンジ通勤で使ったときのスクショがこちら(↑)。なかなかの臨場感・走行感で、ロードバイクの速さと躍動感をよく表現できている気がします。

腕が邪魔に感じたり、グループライドでより多くの人を映すなら「(ロードバイクの)ハンドルバーポジション」という感じでしょうか。

GoPro取付位置をYouTube動画にまとめました!

GoPro Max取付位置の考察をYouTube動画にもまとめました! 人生初のアフレコであります(@_@;) ぼそぼそと聞き苦しい内容で申し訳ございません(;´Д`)

自転車動画にピッタリなGoPro Maxの取付位置を考えてみよう!

しっかし、この年齢になって、こんなにも照れ臭く恥ずかしいものがあるとは(-_-;) アフレコ、めちゃくちゃ恥ずかしくて、めちゃくちゃマゴマゴごにょごにょしてしまうじゃないですか。

もし、声が聞き取りづらかったり、BGMがうるさかったり、その他ここはこうしたほうが分かりやすいなどありましたら、ぜひぜひご指摘くださいませm(_ _)m

つくづく思うけど、YouTuberって凄い人たちですな。。。

以上、チェストマウントとハンドルバーマウントで、より“自転車動画”らしいGoPro Maxの取付位置を模索してみる! なお話でした。ガチ練とかTTでなければ、チェスティで息苦しさや動きづらさを感じることはありませんでした。なので、僕は基本スタイル・チェスティ逆さポジションになるかなぁと思っております、ハイ(*´ω`)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ