V坂行けないローディー歓喜! ZWIFTで仮想V坂練はどうでしょう!?

V坂を自宅に召喚してみた
V坂を自宅に召喚してみた

V坂行きたいなぁ、なかなか実走できないなぁ(;´Д`) とお悩みのそこのアナタ! え、ワタクシ!? そうです、そこのアナタ! アナタに朗報! V坂に行けないなら、お家で再現すればいいのです! と言う訳で、ZWIFTカスタムワークアウトで仮想V坂ワークアウトをつくってみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ZWIFTのカスタムワークアウトで仮想V坂練

V坂の禁断症状が出ていませんか? 2~3分、ゾーン6付近で踏みまくるアドレナリン出まくりのV坂練が、なんと自宅にいながらにしてできるんです! そうZWIFTならね(´_ゝ`)

カスタムワークアウトでV坂ワークアウトをつくってみた

V坂を想定したワークアウトをつくってみた
V坂を想定したワークアウトをつくってみた

やり方は簡単。ZWIFTのカスタムワークアウトで3分ゾーン5~6のワークアウトをつくればいいのです。たった、これだけで自宅がV坂に早変わり(゚∀゚)

嬉しい反面、すっごい憂鬱になるのはナゼなのか(´_ゝ`)

カスタムワークアウトの作り方

む!? ZWIFTのカスタムワークアウトの作り方が分からない!?

作り方はこちらの記事をご覧くだされ。もしくは、グーグルで「ZWIFT カスタムワークアウト」で検索するとより分かりやすい記事がワンサカ出てきますので、そちらもどうぞ(*´ω`)

Zwiftで自分だけのワークアウトをつくる方法

VO2MAXトレーニングしたくてムラムラしている人へ。ZWIFTのワークアウトを自分で作ってみよう(゚∀゚)!

仮想V坂練を自宅でやってみた

仮想V坂が自宅に出現したならば、上ってみよう、その坂を! という訳で、3分×6本のシンプルワークアウトに挑戦してみました。

心拍爆上がりだが完遂できた(∩´∀`)∩ワーイ

仮想とは言え、さすがV坂。今年最高心拍を記録
仮想とは言え、さすがV坂。今年最高心拍を記録

V坂といえば、リアルで5本連続で上り切れたらもうアップアップのキツいトレーニング。ZWIFTのいいところはレスト時間を長くしたり、強度を下げたりできますでな(*´艸`)フフ

レスト時間を5分と長めに設定したら、ひょ~、完遂できちゃった(*´ω`) 幸い、月曜日のような視界が狭まるような状態になることもなく、ひと安心。

心拍が今年初の178に到達したのは、仮想とは言え、さすがV坂でござる。

1本あたりのパワーが330W超

パワーが軒並み330W超は嬉しい
パワーが軒並み330W超は嬉しい

さらに嬉しいことに、1本あたりのパワーが軒並み330W超(◎_◎;)! 日曜日フルレストして、月曜日も20分しかローラーしなかったせいで足がめちゃくちゃフレッシュだったようです。

実走V坂はいつも5本が限界で、1本あたりのパワーも320~330W出せたら御の字でありました。それが、今回の仮想V坂では6本できて、1本あたりのパワーが330Wとは・・・。

ローラーと実走の違いか、それとも実際にパワーが上がってきたのか・・・。これは実走V坂で確かめてみる楽しみが増えました(*´ω`)

さすがZWIFT! わざわざ自分でワークアウト作る必要はなかった

何はともあれ、これで、実走できないときでもお家で簡単にV坂練できるな。自分でワークアウト作ってよかった(*´ω`) と思ったら、あらら、ZWIFTにすでに似たワークアウトがあるんですか(;^_^A

GCNのワークアウトはやりたいメニューがいっぱい

GCNのワークアウトはやりたいメニューがいっぱい
GCNのワークアウトはやりたいメニューがいっぱい

今回、僕がつくったのとほとんど同じワークアウトが実はZWIFTにすでにありました(◎_◎;)! それが、GCNの「VO2Max」というワークアウト。

レスト時間が4分と短く、合計7本と回数が増えており、GCNのほうがハードであります。

GCNには、このほかにも1分走や2分走などのシンプルなメニューがいっぱい。ケイデンス指定があったりしてハードさは盛り盛りですが、やりたい、やろうと思っていたワークアウトがすでに用意されておりました。

わざわざ自分でカスタムワークアウトつくる必要なかったでありますな(;^_^A

以上、V坂行きたい欲求が高まり過ぎて、自宅でV坂練しちゃった! なお話でした。とりあえずローラー練できて良かった。アレルギー検査も受けっぱなしで結果聞いてないし、今年はもろもろ検査してもらうようにしよっと。。。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
トレーニング
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました