自転車の使い方、間違ってますよ! なぜ⁉ フルサスMTBで完全舗装路の奥武蔵グリーンラインを行く

MTBの使い方、間違ってますよ!
MTBの使い方、間違ってますよ!

林道なちゃぎり線を試走し、「第1回 Mt.高水MTBヒルクライム」へのエントリーを決意したら、次なる目的地は・・・あら、もうトレイルや未舗装路探検は終わりでござるか? 「MTBの使い方を間違えている」とよく言われるワタクシですが、今回も間違って奥武蔵グリーンラインに行く暴挙に。舗装路しか走らないなら、ロード、もしくはグラベルバイクでいいのでは!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

成木から秩父へ抜けることを決意

「第1回 Mt.高水MTBヒルクライム」の試走を終えたら、この日の最終目的地は秩父になりました。成木から秩父へ、さてどうやって行こうか。

まずは国道299号線をめざします

天目指峠、キツカッタ(;´Д`)
天目指峠、キツカッタ(;´Д`)

成木からなら青梅・奥多摩方面に抜けることも考えましたが、久しぶりに西武線のラビューに乗りたいというリクエストがあり、秩父へ出ることに。成木から秩父ということは、まずは国道299号線に出なければなりますまい。

先月くらいにロードバイクで山伏峠を越えて299号線に出た記憶がありますので、今回はルートを変えて天目指峠を経由して。本当は子の権現に行きたかったのだけど、途中の林道(名栗線?)が通行止めで通れず断念。

しっかし、この天目指峠も短いながらさすが飯能の峠道。めっちゃ急こう配で、MTBで来る場所じゃないわと思ったり(´_ゝ`)

国道299号線は怖い!? それなら奥武蔵グリーンラインだ!

天目指峠をヒーコラ越えたら西吾野に出まして、そこからは国道299号線。真っすぐ進めば秩父へ20~30㎞なのですが、相変わらず恐怖の道だぜ、299号線(-_-;)

正丸トンネルを避けて奥武蔵グリーンラインへ

正丸トンネルを避けて奥武蔵グリーンラインへ
正丸トンネルを避けて奥武蔵グリーンラインへ

相変わらずの交通量の299号線。待ち構えるのは魔の正丸トンネルであります。車幅があり、速度が出ないMTBで、上り基調の正丸トンネルを抜けるのは難しかろうと賢明な判断をしたワタクシ。

奥武蔵グリーンラインに出ればいいじゃない!?ということで、峠を1つ追加(´_ゝ`)

すぐ奥武蔵グリーンラインに出られるかと思ったら、とんでもない。長かったw 緩やかな斜度ながら5~6kmはあったかもしれません。

背後から「MTBの使い方間違ってるよ~」という声が聞こえてきます。果たしてそうでしょうか(´_ゝ`)

秩父でホルモン食べてフィニッシュ!

奥武蔵グリーンラインを下りたら、あとは秩父で贅沢三昧! うっしっし、ホルモン食べるぜ~

高砂ホルモンは完全予約制で断念!

西武秩父駅のフードコートでホルモン初挑戦
西武秩父駅のフードコートでホルモン初挑戦

秩父に来たらぜひとも食べたいと思っていた「高砂ホルモン」ですが、現在完全予約制(◎_◎;)! しかも酒類提供なし!! これは残念無念と諦めて、仕方なく西武秩父駅に併設されているフードコートでホルモンを食べてみることに。

フードコートで出てくるホルモンにしてはかなりのハイクオリティ」とはデゲメン氏談。火力が非常にマイルドなので、半生に注意。じっくり時間かけてローストしていく必要があります。

秩父こんにゃくと地ビールでラビュー

ラビューと言えば、秩父こんにゃくとクラフトビール
ラビューと言えば、秩父こんにゃくとクラフトビール

電車の時間ギリギリで何とかホルモンを焼き切って、大急ぎでお土産をゲット。西武秩父に来たら、このこんにゃくは欠かせません(*´ω`)

クラフトビールとのコンビネーションが最高に最高なんだなぁ。これだけでも秩父までMTBで来る価値あり。今度は、奥多摩側から有間峠に出る登山道を越えて秩父に行きたいものであります(ΦωΦ)フフフ…

じゃり豆って秩父土産? とにかく美味い

じゃり豆が美味い
じゃり豆が美味い

デゲメン氏がゲットしたお土産の中に、じゃり豆なるものがありました。一口食べてみたら、ナニコレ、めちゃくちゃ美味しい、ビールにピッタリ!!

じゃり豆って秩父土産なのでしょうか!?

調べてみたら、トーノーという静岡県の会社がつくっているお菓子みたい。「なんだ、秩父と関係ないじゃないか!」と野暮なことを言ってはいけません。そんなことはどうでもいいくらい、美味しいビールのお供なのです。

次回も買おう、じゃり豆(´_ゝ`) こんにゃくと並んで美味しかった。

以上、MTBの使い方、間違ってますよ! ロードで行ける道をなぜMTBで行くのか!?なお話でした。ワシ、MTBで普通に舗装路走ったり、ヒルクライムするだけで楽しいのよねぇ。使い方間違ってるんだろうか(;^_^A

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
マウンテンバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました