ロードバイク女子のレベルアップが凄まじい(◎_◎;)! 2022年第18回Mt.富士ヒルクライムに挑んだデゲメン氏の闘い

富士ヒル2022の女子ローディーの活躍を追う
富士ヒル2022の女子ローディーの活躍を追う

今回2022年の富士ヒルで印象に残ったのはロードバイク女子のタイムが爆上げ。もはや1時間30分切り、ブロンズは当たり前! 1時間20分を下回り、シルバー圏内でないと優勝あるいは表彰台が難しくなってきたようです。

まさに女子ローディー戦国時代の幕開けか!? そんな戦国武者模様の富士ヒル女子の部で、この人も気を吐いていきました! デゲメン氏、富士ヒル過去最高タイムで、えぇぇ、それでも表彰台届かないのかよ(◎_◎;)!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

富士ヒル直前の悲劇! パワメがハッピーでした(*´∀`)

さて、富士ヒルに臨むにあたり、デゲメン氏にはひとつの懸念がありました。どうもパワーが上振れているようなのです。

校正したら一気に20Wも下がってワロウタwww

シマノのパワメがハッピーでした(*´ω`)
シマノのパワメがハッピーでした(*´ω`)

ヤビツやら富士ヒル試走やら、普段のZWIFTやら、練習を重ねてきて、ずっと他の女子とのパワー差が気になっていた模様。実際ヤビツなどは、タイムが近しい女子より20~30Wもパワーが高かったようで、「ひょっとしてデ〇!?」と本気で悩んでおりました(´_ゝ`)

「いえいえそんなことはございません。むしろ本来の脚力なのでは!?」とまったくフォローにならない言葉を投げかけたものの、それでは一向にデゲメン氏に響きません。しょうがないので、パワメ校正してみようと提案し、校正してみたところ・・・

一気に20W近くも下振れ(?)するようになったではありませんか(◎_◎;)

シマノのパワメ、まったく信用できねぇww」と僕は思ったりしていませんよ!? 「しっかり校正しなきゃ」と思ったんです。思ったんですよ、多分きっと(´_ゝ`)

信頼できる指標がなく臨んだ富士ヒルで!

パワーが10Wも20Wもいきなり下振れするようになってしまったら、今までの蓄積がまったく意味を成しません。信頼できる指標を失ってしまった状態で富士ヒルに臨むことになってしまいました。

超リラックスな状態で、いざスタート!

超リラックスな状態で、いざスタート!

パワメが期待通り(?)の下振れした数値を出すようになって、逆に安心したのでしょうか!? 富士ヒル当日のデゲメン氏はいつになくリラックスムード。普段だったらテンパって、呼びかけても答えなくなるのに非常に楽しそうにスタート前の雰囲気を楽しんでおります。

その証拠に、スタートラインを越える際も、「ラップボタンじゃなくて電源落としちゃったアハハ~」と笑いながら計測開始する始末。

知らんがなw こっちはトレイン乗り遅れたと思って半泣きだったんじゃw

えぇ!? もうゴールしたの!?

えぇ!? もうゴールしたの!?
えぇ!? もうゴールしたの!?

過去最高のリラックスモードで富士ヒルに突入したデゲメン氏。途中経過は↓のデゲメン氏車載動画をぜひご覧ください。バッテリーの関係で奥庭駐車場を上り切ったところで終了してますが、まぁとにかく抜かす抜かす(◎_◎;)

トレインには乗らず、かなりの時間を単独走で、並み居る先行の人たちをぶち抜いていきます。

「例年なら20~30分は待つだろう」とゴール地点でノンビリしていたワタクシは逆にビックリ大慌て(◎_◎;)

下山荷物を引き取ってゴール地点で待機しようとした瞬間にデゲメン氏が飛び込んできて、危うくゴールシーンを撮り逃すところでした(;^_^A

富士ヒルのタイムが過去最高に凄かった(◎_◎;)

同じ第4スタートで走り始めて、僕がゴールしてからちょうど10分後にデゲメン氏もゴールであります。これはひょっとしてまさかして凄いタイムなのでは!?

料金所から1時間20分は過去最速!

料金所から1時間20分は過去最速!
料金所から1時間20分は過去最速!

富士ヒル速報がどこで見られるか分からなかったので、ストラバにログをアップして確認すると・・・おおぅ、料金所から1時間20分だって(◎_◎;)!!

富士ヒル前週(6月4日)に行った試走から約11分30秒の短縮とな。タイムと一緒にパワーまで14W少なくなっておりますなw シマノのパワメ、マジ定期的に校正しないとダメなのね(;^_^A

余裕のブロンズでも届かない富士ヒル表彰台の高み

料金所から1時間20分ということは、全体でも1時間22分台!? おぉぉ、これは来る、来てしまう、僕の素敵な、素敵な賞品生活が(゚∀゚)!

富士ヒル女子は速かった(◎_◎;)

デゲメン氏、表彰台は逃すも堂々年代別5位!
デゲメン氏、表彰台は逃すも堂々年代別5位!

下山後、我々はどこにも立ち寄らず速攻帰宅してしまいましたで、リザルトを確認できず。夕方5時にいつもの飲み屋で(仮)富士ヒル祝勝会を開催していたところ、ようやく公式からリザルト発表!! 気になるデゲメン氏の順位は・・・

なに~wwww 年代別5位(◎_◎;)!!!! このタイム、1時間22分台でも表彰台届かないのかよwww

ちょっと前だったら、1時間30分切れたら入賞、下手したら表彰台にすら上れていたはずなのに、何ということでしょう、2022年の富士ヒル! 女子のレベルが猛烈激烈に上がっているではありませんか!?

デゲメン氏の5位という成績はもちろん素晴らしいし、相変わらずの本番の強さでありましたが、それでも上には上がいた(出てきた!?)女子ローディーの層の厚さよ。プラチナ男子の影に隠れているものの、女子ローディーの人数も実力も確実に増しているのを実感した大会になりました。

これが女子年代別5位の激走だ! 2022富士ヒル・第4スタート、女子ローディーの闘い

デゲメン氏のTarmacにも車載動画をつけました! 第4ウェーブにて、スタートから電池が切れる奥庭駐車場までの1時間16分です。ぜひぜひご覧ください!

【女子・年代別5位】2022 第18回 Mt.富士ヒルクライム 女子45歳以上 1時間22分54秒 ブロンズ

以上、おめでとうデゲメン氏、過去最高タイムで富士ヒル表彰台に・・・えぇ、このタイムでも届かないの(◎_◎;)!? なお話でした。今回2022年の“新しい生活様式”なリラックスした雰囲気の富士ヒル、デゲメン氏はエラく気に入った模様。珍しく「来年も出たい」と申しております

えぇ? 来年も出るの!? 僕はもう来年はいいかなと思ってたんだけど(-_-;) という訳で、boriko家の富士ヒルはまだ続くようです。。。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました