夏のロードバイクを楽しみたい僕らに次の大敵が現れた(; ・`д・´)! 自分がなって改めて分かる熱中症のヤバさ

ローディーの次なる闘い! 熱中症との闘いが始まった!
ローディーの次なる闘い! 熱中症との闘いが始まった!

6月半ばで梅雨真っ盛りな今日この頃。つかの間の晴れ間は逃したくないものです。そんな屋外実走したい欲求満載なローディーに、だがしかし梅雨の晴れ間が落とし穴(; ・`д・´) この時期(梅雨の晴れ間)は熱中症になりやすい時期なんですって!

夏のロードバイクの大敵・熱中症、そろそろ気を付けたいですね、というお話です(僕がなったから(´_ゝ`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JBCF修善寺の翌日、和田峠に行ったじゃないですか

コトの発端は6月19日(日)。JBCF修善寺で完膚なきまでに打ち負かされたことはケロリと忘れて、自転車メンテに出す前にロングライドしておこうと思ったんです。

6月19日は蒸し暑い1日だった

6月19日(日)は前日までの梅雨空・雨模様から一転。急に夏の気配が出てきた蒸し暑い日でありました。

んが、黒猫氏に朝4時前にたたき起こされ、お目々パッチリ。久しぶりに和田峠行ってみよっせ♪と、デゲメン氏を残して1人で出発したのです。

おおぅ、和田峠まったく上れないんだがwww

和田峠、まったく上れないのだがw
和田峠、まったく上れないのだがw

富士ヒルやらJBCF修善寺やら前日の反省会やらの疲れのせいか、脚は重く速度も出ないものの、「ゆるポタ、ゆるポタ」と割り切って多摩サイを通過。そのまま低調ペースで和田峠に突入したところ!!

おおぅ、めっちゃ上れないんですけどwww ウソかホントか、200W出すのがやっとの状態で、まぁとにかくツラい。こんな疲れが残ってる状態で来る場所ではありませんでしたw

引き返せばいいのに余計な距離を走って無事死亡

近年まれに見る体調と調子の悪さで、これは和田峠で引き返すべきでした。だがしかし、久しぶりにロングライドできる時間があったので、ついうっかりそのまま先に進んでしまった。

これが本当にいけなかった。頭は痛いし吐き気はするし、脚は攣るしで、あらららら、自分でも診断できるくらい分かりやすい熱中症の症状が出てしまったではありませんか(-_-;)

熱中症は危ないぞ

帰りの道中は100Wも出ないほどの低出力。ショップに寄って自転車預けるも、ロクに会話できないほどでした。この状態、結構かなり危なかったね!?

熱中症の重症度Ⅱ以上か

熱中症の重症度
熱中症の重症度

コチラ(↑)、環境省のパンフレットをもとに熱中症の重症度を書き起こしたの図。僕が経験した頭痛と吐き気、虚脱感・倦怠感、脚攣りは熱中症の重症度Ⅱにドンピシャ当てはまるようです。

実際、家に帰ってシャワー浴びた後、しばらく動けなかったでありますから、これはかなり危なかったでありますな(; ・`д・´)

こんな体調・状況のときは熱中症に注意だった

毎年必ず1回か2回は熱中症を経験してたくましく成長するワタクシですが、今年2022年1回目の熱中症はなかなか強烈でした。調べてみたところ、熱中症になりやすい兆候はあったかもしれません。

寝不足、そして酒(´_ゝ`)

寝不足と前日のお酒は熱中症を誘発する原因
寝不足と前日のお酒は熱中症を誘発する原因

横浜市のHPによると、睡眠不足や二日酔いだと熱中症になりやすくなる模様(⇒出典)。19日の前日18日(土)はレースが終わった反省会( )で美味しくビールを楽しんだ記憶が(;^_^A

それに加え、朝はいつも通り黒猫氏に4時前にたたき起こされ、やや寝不足気味。富士ヒル&JBCF修善寺に向けた練習の疲れもドドッと出てきたタイミングでありました。

熱中症に自ら率先して突き進む、飛んで火にいる夏の虫とはワタクシのことだな!?

熱中症対策を忘れずにロードバイクを楽しもう

いやぁ、ビックリしました。今は無事回復してますが、筋肉が溶けるような虚脱感でありましたよ。気を付けよう、下手したらホント命に関わりますな、熱中症は。

6月後半は暑いぞ危険

6月最後の週はめっちゃ暑いぞ!
6月最後の週はめっちゃ暑いぞ!

どうやら6月後半は、梅雨明け間近の一番暑さがしんどい気候になる模様。今週末(25日・26日)以降、軒並み30℃超ではありませんか(◎_◎;)!

ひえ~これは危険が危ない(; ・`д・´) どうぞどうぞ、今週末お出かけになるローディー&MTBerな皆さんは熱中症にご注意を!

TTとかはマジ気を付けて。快適な気温のときにしたほうがきっとタイム出るかもですぞ!?

マスクマンは大丈夫か(; ・`д・´)!?

運動時はマスク外そう
運動時はマスク外そう

そしてやっぱり気になるのがマスクのこと。コロナが(まだ)ありますから、マスクしながら自転車乗ってる人まだまだたくさん見ますが、これから来る激暑を乗り越えられるでござろうか!?

厚生労働省さんも「屋外ではマスク外せ」言うとります。特に暑さの中で運動するときはマスク外したほうがいいですと。

極論、コロナでやられるか、熱中症でやられるかの二択をこの夏も僕らは迫られるワケです(; ・`д・´)

う~ん、これは冷房ガンガン聞かせた部屋の中でZWIFTペーサーやるしかない(´_ゝ`) いや~、実走しないとロードバイク乗るの下手になる! ますますJBCF修善寺走れなくなってしまうではありませんかwww

以上、夏のロードバイクの大敵・熱中症との闘いが始まった! 自分がなって分かる熱中症のヤバさ! なお話でした。どうぞどうぞ、皆さんも熱中症に気を付けて、夏の自転車を楽しんでまいりましょー

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    ちゃーりーさん、ありがとうございます。

    なんと、二日酔いのほうが影響ありそうかと思っていたら、睡眠不足のほうがヤバいですね(◎_◎;)
    6月とは思えない暑さが続くし、これはしばらく日中外走るの怖いでありますなぁ。。。

  2. ちゃーりー より:

    熱中症はかなり寝不足との相関高いので基本的にきちんと睡眠取っておくが一番の対策です。工事現場だと睡眠不足→現場に出させないのような対策もされているので趣味でも同じようにするのがおすすめです

タイトルとURLをコピーしました