ホイール交換、嗚呼なんという甘美な響き(* ´艸`) ロードバイク・ホイールより軽いRoval Control SL 29を試してみた

ホイール交換って、なんてキラキラした響きなんでしょう
ホイール交換って、なんてキラキラした響きなんでしょう

自転車(ロードバイク・MTB)で最もテンション上げ上げになるのってどんなときでしょう? レースに出るとき? 美味しいものを見つけたとき? それとも素敵な景色に出会ったとき? いえいえ、テンションが最も上がるのは、皆さんもよくご存じのことでしょう! それはホイールを新調したときです(゚∀゚)!

MTBの話で恐縮ですが、ロードバイクのホイールよりも軽い、圧倒的な軽さのホイール「Roval Control SL 29」を試してみたんです! デゲメン氏から借りパクですよ(´_ゝ`)モウカエサナイ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロードバイクのホイールよりも軽いRoval Control SL 29

自転車部品の交換で最も違いを感じられるのは、独断と偏見で①タイヤ、②ブレーキ、③ディレイラーでありますが、テンション爆上げナンバーワンはホイールです。なぜ人はこんなにも黒い輪っかに惹かれるのか(´_ゝ`)

Roval Control SL 29とSCHWALBE Racing Ralphに交換

Roval Control SL 29を借りパクしようそうしよう
Roval Control SL 29を借りパクしようそうしよう

「いつか絶対借りパクする」と虎視眈々と狙っていたデゲメン氏所有のMTBホイール「Roval Control SL 29」。カタログスペック1240g(前後)はソンジョソコラのロードバイク・ホイールを上回る圧倒的な軽さです。

付いてるタイヤはSCHWALBE Racing Ralph(シュワルベ・レーシングラルフ)で、クロカン向きの転がり抵抗が低いタイヤ。しかもサイドウォールがタンカラーで、真っ黒なタイヤが主流の現代にあって非常に目を引くオシャレ仕様。う~ん、カッコイイ(*´ω`)

またV坂の季節がやってきました(^ω^)

借りパクしたホイールとタイヤ、使い込まなければもったいない! という訳で、目玉焼きをつくれそうなほど熱された炎天下のアスファルトの上を漕ぎ出しましたぞ。他人の機材を擦り減らすのサイコーです(´_ゝ`)

向かった先はV坂

ホイール交換の効果を確かめるべくV坂でタイム計測です
ホイール交換の効果を確かめるべくV坂でタイム計測です

せっかくなので多少のオフロードを走りたいということで、多摩サイ・グラベルに突入。ホイールとタイヤが変わって、乗り心地やら何やらがどう変わったかって・・・正直、MTBはより一層分かりません/(^o^)\

MTBはロードと違って、速度やパワーといった定常的なモノがないでありますから、MTBインプレライダーな方は何を基準にしているのでござろうや??

仕方ない(?)ので、ロードでもMTBでもデータが山ほどあるV坂に行ったですよ。今までのホイール(DT SWISS XRC 1200)より200gくらい軽くなり、タイヤで相殺(Racing Ralph 640g vs. S-Works Renegade 570g) な感じで、ハテサテどれくらい“舗装路”で違うものか確かめてみたのです。

熱中症で大爆死

暑さに負けてタイム計測どころではなかったw
暑さに負けてタイム計測どころではなかったw

「またV坂の季節がやってきたなぁ」と、やや憂うつな気持ちになりつつ、借りパク・ホイールでV坂に挑戦! そうしたら、あらら(◎_◎;)

3分25秒もかかっちゃったwww

もうね、暑くてとにかくダメだったw V坂に着くまでの河川敷ですでに熱中症気味で、V坂上り始めた途端、この日の最高心拍に到達。「こんな炎天下の中、無理したら死んじゃう」と思ってペースを緩めざるを得ませんでした(;^_^A

ちなみに、通常(?)のV坂だとMTBでも3分切るくらいで上れていた模様(⇒参考記事)。今、330Wとか出せるかな。。。富士ヒル以降、すごい体力の低下を感じるのだけれど・・・(-_-;)

日中(午前10時~午後4時)は走ってはいけない

しっかし、今年の6月中旬以降は暑さが過ぎました。日中はホント外走ってはいけませんですな(;´Д`)

36℃以上の気温の中、日陰のない場所を走り続けると

36℃以上の炎天下で外走ってはいけない
36℃以上の炎天下で外走ってはいけない

ホイールを借りパクしたこの日も日中の気温は36℃を超える猛暑日でありました。そんな中、1時間半近くかけて、日陰がまったくない多摩サイを遡上したら、そりゃぁ熱中症になろうというもの。

夏のライドは、日が昇り切る前の早朝(午前3~7時)もしくは日が沈んだ後の夕方(午後5時以降)に限ります。

以上、テンション沸き立つホイール交換は、夏の暑さで頭が沸いて判断不能/(^o^)\ なお話でした。これからが夏本番、くれぐれも熱中症には気を付けて夏のライドを楽しみましょ~!

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
マウンテンバイクレビュー・インプレ
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    たかにぃさん、ありがとうございます。

    仰るとおり、実走して暑さに慣れてないとホントすぐダメになってしまいますね(;^_^A
    暑さ慣れ以外にも、今年前半はZWIFTに偏った練習になってしまって実走不足の弊害があったように感じています。

    ロードバイクは外を走ってこそ、でありましょうか。
    暑さ対策をしっかりして夏は実走不足を解消したいと思います(`・ω・´)ゞ

  2. たかにぃ より:

    日中走るには暑熱順化に時間かけないとダメですね。

    先日2年半ぶりにグループライドに行ったとき平均34℃だったのですが、コロナ前の毎日走っていたときの感覚でいたら、走行時間3時間程度で肌は腫れるし熱っぽくなるしでした。

    翌夏まで日焼け残るくらい走り込んでいるのと、Zwiftばかりなのとでは、暑さ耐性が全然違いました。

タイトルとURLをコピーしました