ロードバイクの楽しさは“見つける”ことにあるのかも!? ロードバイクで発見する埼玉県西部のちょっとディープな秩父メシ

輪行でちょっとディープな秩父メシを見つけてみよう
輪行でちょっとディープな秩父メシを見つけてみよう

東京・埼玉サイクリストの人気デスティネーションと言えば飯能・秩父! 交通量少なく、山また山の走り応えある道は週末のロングライドにピッタリです。飯能から秩父に出るだけでも獲得標高1500mを軽く超えるこのルート、せっかく走るならちょっとディープなグルメも嗜みたい。“うどん”や“ホルモン”“わらじカツ”からちょっと趣向を変えて、ほんのりディープな秩父メシをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは飯能から秩父へ出よう、山を越えて

どんな場所でも、グルメを楽しむなら、まずはお腹を空かせなければなりません。その点、飯能~秩父ルートは最高です。なぜなら山しかないから(´_ゝ`)

GWでも交通量少なく快適な飯能~秩父の山越え

GWでも交通量少なく快適な飯能~秩父の山越え
GWでも交通量少なく快適な飯能~秩父の山越え

この記事でご紹介するライド&グルメは今年のGWに出かけたときのもの。GWと言えば、国道299号線は超混雑ですが、さすが飯能~秩父の裏道(?)サイクリングルートはガラガラでした。

おかげで山越えも他の車の邪魔になることなく、のんびりマイペースで(たくさん)楽しむことができました(´_ゝ`)

ヒルクライムは絶好調(゚∀゚)!※デゲメン氏が

デゲメン氏にヒルクライムで負けたm9(^Д^)プギャー
デゲメン氏にヒルクライムで負けたm9(^Д^)プギャー

GWのときですから、1ヵ月後に迫った富士ヒルに向けてヒルクライム練に熱心な時期でした。その甲斐あって、ご覧ください、このタイム!!

山伏峠と二本木峠という、2つの主要な峠でデゲメン氏に負けました・・・(-_-;)

手を抜いたとか、そういうのは一切なく、パワーはしっかりゾーン4の4倍弱出ておりました。それなのにデゲメン氏のほうが速かったということは、それだけ 僕が弱い 氏が仕上がっていたのでありましょう。

事実、デゲメン氏はこのライドから1ヵ月後に行われた富士ヒルで、あわや1時間20分切りの自己ベスト好タイムでブロンズを獲得したのでありました(⇒参考記事

ちょっとディープな秩父メシと出会う

奥武蔵GLから秩父への道は最短距離が通行止めになっていて、グルっと二本木峠を越えないといけないのですが、この二本木峠はいつ走ってもキツいでありますな(;´Д`) 距離・斜度ともほぼ和田峠なのね、ツラいはずだわ・・・。

趣向を変えた秩父メシ①松本製パン

趣向を変えた秩父メシ①松本製パン
趣向を変えた秩父メシ①松本製パン

二本木峠を越えたら、秩父まではダウンヒル。さぁ飯だメシだ(゚∀゚)! 最初に向かった目的地は・・・パン!

松本製パンという、非常にレトロな外観の、実際レトロな老舗パン屋さんです。

松本製パンと言えばコッペパン

松本製パンと言えばコッペパン
松本製パンと言えばコッペパン

松本製パンの何が有名かと言えば、それはもうコッペパンであります。大正13年からコッペパン一筋、かどうかは存じ上げませんが、10種類のトッピングを選べるコッペパンは見るからに美味しそう(;゚д゚)ゴクリ…

一番人気はあんバターだそうで、我々もプレーンのコッペパンとあんバター、それとピーナッツバターをチョイスしましたぞ。

趣向は変わってないかも!?秩父メシ②武甲正宗(日本酒)

続いての秩父メシは武甲正宗(日本酒)
続いての秩父メシは武甲正宗(日本酒)

続いてのちょっとディープな秩父メシは松本製パンのすぐ隣にある柳田総本店。こちら、秩父の銘酒・武甲正宗の蔵元であります。

趣のある武甲正宗の店内
趣のある武甲正宗の店内

歴史を感じさせるお店の中には、所せましと日本酒がズラリ。デゲメン氏の目が輝いておりますが、よくよく考えると、僕たちのロードバイクはだいたい日本酒買うのがゴールでありました。そう思うと、趣向は変わっていないかもしれません(;^_^A

とてもディープな秩父メシ③今井屋

とてもディープな秩父メシ 今井屋
とてもディープな秩父メシ 今井屋

コッペパンと日本酒ではちっともディープでも何でもありません。でもご安心ください、次の場所はちょっとディープを通り越して、少し勇気がいる場所かもしれません。

それが西武秩父駅からさらに西に進んだところにある今井屋さん。なかなか雰囲気のある佇まいであります(;^_^A

今井屋の名物は焼きそばとみそポテトとおばあちゃん

今井屋の名物は焼きそばとみそポテトとおばあちゃん
今井屋の名物は焼きそばとみそポテトとおばあちゃん

さて、この今井屋さん、実は知る人ぞ知る有名店だそうで、テレビにも何度も登場しているそう。その理由は、秩父名物の焼きそばとみそポテト・・・はもちろんのこと、店主のおばあちゃんだとか。僕らもおばあちゃんに会うことを期待して訪問したのでありました。

焼きそばとみそポテトの代金を箱に入れるスタイル(お釣りは出ないのでご注意を!)
焼きそばとみそポテトの代金を箱に入れるスタイル(お釣りは出ないのでご注意を!)

んがしかし、こんな時に限っておばあちゃん不在(◎_◎;)! 雨が降り出してしまったこともあり、焼きそばとみそポテトを購入(代金を代金箱に入れる方式。お釣りは出ないのでご注意を)してお暇(いとま)することにしました。

コレは定番!? 電車で楽しみたい秩父メシ④こんにゃく

西武秩父駅のこんにゃく(藤田屋)は欠かせません
西武秩父駅のこんにゃく(藤田屋)は欠かせません

今井屋さんで定番ながら雰囲気ディープな秩父メシをゲットしたら西武秩父駅から輪行でゴーホーム! とその前に、西武秩父駅にはぜひともお土産で買って帰りたいものがあるのです。

それが西武秩父駅に併設されているお土産コーナーで売られているこんにゃく! お店の名前、この記事を書いている今の今知りましたが、「横瀬藤田屋」というらしい。

ここのこんにゃくがとにかく凄く美味しいんです(゚∀゚)! しっかり味が染みていて、それでいて“こんにゃくの味”があるって凄いこと。「こんにゃくに味あったっけ?」と思われる方、ぜひぜひこの藤田屋さんのこんにゃくをお試しあれ。秩父のクラフトビールにもベストマッチですぞ~(^ω^)

週末はロードバイク輪行で新たな発見を

という訳で、ちょっと趣向を変えた定番? はたまたディープな秩父メシのお話でした。だいたい酒のアテを探すと面白い地のモノに出会える気がするのは気のせいか!?

輪行は各地の美味を見つける楽しみを広げてくれる

帰りの電車でお土産のお披露目会をするのが輪行の楽しみ
帰りの電車でお土産のお披露目会をするのが輪行の楽しみ
松本製パンのコッペパン、ふかふかで美味しい!
松本製パンのコッペパン、ふかふかで美味しい!

帰りの特急電車で、この日調達した地元メシのお披露目会をするのがクライマックス(^ω^) 美味しい食事に舌鼓を打ちながら、その日のライドを振り返るのが何よりも楽しいです。

輪行ならお酒とかお土産もたくさん買って帰れます
輪行ならお酒とかお土産もたくさん買って帰れます

そうした自転車の楽しみ方を教えてくれたのが輪行であります。輪行、マジ素晴らしい。クルマ移動では味わえない時間を共有できて、輪行のおかげでサイクリングにハマったと言っても過言ではありません

輪行は自転車の楽しみ方を大きく広げてくれるもの。ぜひともご活用いただければと思います。輪行について、守りたいマナーやルールの話などを詳しくまとめたとても良い記事がありましたので、最後にその記事をご紹介。ぜひぜひご一読くだされ(*´ω`)

輪行のマナー

さぁ、今週末もロードバイクを輪行袋に詰めて、まだ行ったことがない場所を発見しにいきましょー(゚∀゚)! うひょひょ、3連休は電車混むので輪行派は他のお客さんの迷惑にならないようお気をつけあれ~

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    坊主さん、ありがとうございます。

    おぉ~これは素晴らしい稲荷ずし!! 僕大好きなんです(゚∀゚)!
    これはぜひとも行ってみたいと思います!
    稲荷ずし美味しそう~♪

  2. 坊主 より:

    おはようございます。
    秩父のオススメは稲荷寿司が美味しい「武島家」さんです。

    先日、すったてを食べた帰り道にこちらで紹介されていたしょうゆパークに寄ってきました。趣のあるとても良い場所でした!

タイトルとURLをコピーしました