フィルムと写真と、コシナのBESSA生産終了と。

ベネチアをフィルムで

コシナと銀塩写真に思う

シルバーウィーク明けから、何やかんやで忙しい、いつもの秋が戻ってまいりました(ヨカッタヨカッタ)。ところが、仕事と自転車にかまけてる間に哀しいニュースが。コシナ、フィルムやめるってよ。

[ad]

スポンサーリンク

フィルムカメラの希望だったコシナ

僕はもともとオートバイに乗っていて、良い景色を撮りたいがためにデジカメを買い、写真にハマり、フィルム沼に浸かり、今は自転車で良い景色をry・・というサイクルの人間なのですが、そもそものイケナイ子がコシナでした。

2000年代の銀塩カメラを支えたコシナ

LEICA M5

カメラマガジンとコシナにハマって、カメラ何台も買ったなぁ。。。

僕がちょうどカメラにハマった時期が2006年~というのもありますが(何せ、一度ハマると熱量がスゴイw)、その時期のフィルムカメラと銀塩写真は最後の瞬き(失礼!)のごとく、光り輝いていました! その中心にあったのがエイ出版の『カメラマガジン』長野県中野市の雄・コシナだったのです。次々と発表されるライカMマウントのレンズと、そのレンズで撮られる深い写真たち。どんな写真だったか、今もすぐ思い出せる。なんと素晴らしい時代だったかwww 貧相ながらも、僕の美意識はコシナの写真たちにつくられたようなものだよ、ウンウン。

さらばツァイスイコン、さらばベッサ

ベッサは紛うことなきコシナの名機

ベッサは紛うことなきコシナの名機

そんな思い出深きコシナ。その良心の結晶だったBESSAが、2015年9月末にヒッソリと生産終了になりました。Zeiss Ikonなきあとの最後の砦だったベッサがなくなることで、Mマウントの現役カメラはライカM7とMPだけに。しかも、驚いたことにC-Biogon T* 4.5/21 ZMも生産終了になってた!! ぬぁ~!! 何でだぁあああ!! 絶対にこのレンズだけは押さえておかなければ! オレ君のM5に21mmってつくんだっけ!?

ちなみに、フィルムカメラはキヤノンでもニコンでもまだ販売されています。中判のハッセルやローライ、4×5も細々とあるでよ。渋峠や乗鞍を中判以上のサイズで撮れたら、ホントに別世界だろうなぁ・・・。


フィルムは、でも多分死なない

懐かしい製品がなくなって何だか寂しいですわい(◞‸◟)。でも、まぁフィルム、特に白黒はなくならないだろうな、何となく・・・。という訳で、2014年、ジロ・デ・イタリアを観に、初めてヨーロッパに行ったときのフィルム写真を振り返りながら、今日はビールでも飲むでござるよ。えっローラー練!? す、す、ちゃんとするよぅwww

2014年のイタリアをフィルム写真で振り返る

フィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

フィレンツェの大聖堂(結局、中に入らなかった^^;)


フィレンツェ全景

フィレンツェ全景


シエナの坂道にて

シエナは特に美しい街でした^^


街角のマリア像

街角のマリア像。どの街の街角にもありました


移動は列車とレンタカーで

移動は列車とレンタカーで


イタリア人はルパンがお好き?

イタリア人はルパンがお好き?


イタリアのレストランは外れなし!

イタリアのレストランは(ほぼ)外れなし!


2014年のジロのレースクイーン

2014年のジロのレースクイーン


ナイロ・キンタナの表彰シーン

ナイロ・キンタナの表彰シーン


ベネチアの夕暮れ

ベネチアの夕暮れ

僕は日の丸・ニコパチの観光写真しか撮れないけど、やっぱフィルムはいいな! 今年の冬は、長らく出かけていなかった雪国紀行をしたいものでございます^^ って、今、長巻(ロールフィルム)って3万円すんの!? どっひぇええええ!!


Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
写真・カメラ
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    コーラさん、ありがとうございます。

    名機ぞろいのペンタの中で、LXは特に有名ですよね~。
    フィルムの価格がタバコ1箱の値段を超えて、かれこれ数年経ちまして、
    1枚1枚、シャッター切ることに慎重になりましたwww

    デジタルvsフィルムというのはもう昔話で、フィルムがデジタルに勝てるのは
    ノスタルジーと使っている人の愛着とか思い込み(失礼!)くらいしかないですが、
    そんなことにとらわれず、「写真」に愛情もって向き合っていきたいですねぇ^^

    やっぱデジタルは味気ないでござるよ・・・と言うのは僕の偏見と思い込みです(笑)。

  2. コーラ より:

    フィルム良い時代でしたね~☆彡
    生産終了の話ばかりで悲しいものです(T^T)
    フィルムの入手も困難ですが(>_<)今やカメラ本体を修理してくれる所がありません(||゜Д゜)

    未だ現役のおいらのLXやMZ-3は壊れたらもう直せません。(おいらペンタ派なんです)
    防湿庫の中で眠って欲しくはありませんが^^;壊れて欲しくもないのですっかりご無沙汰(´д`)

    ライカ等の高級カメラではありませんが、愛着のある物が取り残されていくのは悲しいものです……

タイトルとURLをコピーしました