ロードバイクの汗でスマホをダメにする前に!カタリスト完全防水ケースでiPhoneの水没対策

汗でiPhoneが水没するんじゃないかと心配なワタクシの防水対策
汗でiPhoneが水没するんじゃないかと心配なワタクシの防水対策

ロードバイク乗りの永遠の悩みのひとつ。それがスマートフォンの汗で水没問題ではなかろうでしょうか!? ワタクシ、今までスーパーのレジ袋(!)をスマホ入れにして防水気分を満喫していましたが、この度ようやく汗水没案件からスマホを救う方法を導入しました。Catalyst Case(カタリスト完全防水ケース)はロードバイクの汗からスマホを守ってくれるかい!?

スポンサーリンク

ロードバイクはスマホやカメラの電子機器が危険

ロードバイク乗りにとってスマホは地図を調べたり、アプリと連携したりする上で必需品。しかし、背中のポケットにむき出して入れるのは汗の水没が心配でした(;´Д`)

大変! もうこれ以上ポケットに入らないの!

サイクルジャージはいつも満杯状態(;´Д`)
サイクルジャージはいつも満杯状態(;´Д`)

通常、自転車ジャージは背中に3つのポケットがついています。しかし、そこはさすが背中のポケット。そんなにたくさん荷物は入りません(; ・`д・´)

右のポケットにデジカメ、真ん中にスマホ、財布、補給食、左にクリートカバーや鍵などを入れると、まぁ大変Σ( ̄□ ̄|||) もう背中パンパン、肩は凝る凝る、重い重い

レーススーツなんて着た日には、もっとエラいこと(;´Д`) 汗びっしょりでお財布の中のお札がしおれてしまうほどの湿気・水分です。こりゃぁ近い将来、オラのiPhoneがダメになってしまうぞい(; ・`д・´)


カタリスト iPhone 8/7完全防水ケースを買ってみた

というワケで、ロードバイクの汗水没対策用にゲットしました、カタリスト iPhone 8/7完全防水ケース!

プラの箱に1万円(@_@;) プラだぜ!?

カタリスト iPhone 8/7完全防水ケースをゲット!
カタリスト iPhone 8/7完全防水ケースをゲット!

ワタクシがゲットするアイテムはたいていデゲメン氏がすでに使っていてオススメなヤツなのです。カタリスト iPhone 8/7完全防水ケースも御多聞に漏れず、デゲメン氏が使っていたもの・・・を今回はちゃんと自分で買いました(´_ゝ`)エライ

デゲメン氏もバスさんから聞いてゲットしたそう。情報共有、ホウレンソウというヤツですな(*´艸`)フフ

しっかし、驚くべきはそのお値段(◎_◎;) 携帯のケースなのに1万円近くもするのねん。ぷ、ぷ、ぷ、ぷらなのに(;´Д`)


これでスマホも大丈夫! 完全防水の真価

でもチョーっと待ったぁ!! プラはプラでも、単なるプラじゃありません。お値段以上の真価があるのです、多分!

まずは水に沈めてくれと訴えている

水に沈めてくれと訴えている
水に沈めてくれと訴えている

水深10m完全防水、2mの耐衝撃プロテクション、JIS規格 最上級「IP68」準拠、アメリカ国防総省 軍事規格「MIL-STD-810G」準拠などなど、名だたる効果効能が列挙されたケース。説明書を見ると、ケースを使う前に、ケースだけ水に30分つけて防水性能を確かめてくれ!という説明まであります。

カタリスト iPhone 8/7ケースを水に沈めてみた

カタリスト iPhone 8/7ケースを水に沈めてみた
カタリスト iPhone 8/7ケースを水に沈めてみた

沈めて!というのであれば、沈めるしかありますまい。浸水の有無を確認するために未使用のティッシュペーパーを詰めてケースを密閉。頃合いを見て、おもむろに水を張ったシンクにケースを沈めます。

30分後、ケースを取り出し、中身を確認してみたところ・・・!

水に沈めても中のティッシュペーパーは濡れていませんでした!
水に沈めても中のティッシュペーパーは濡れていませんでした!

おお~、すごい! ティッシュペーパーは無傷ではございませぬか(@_@;) すごい防水性! これなら安心して、背中のポケットにスマホを突っ込んでサイクリングできます(*´ω`*)

指紋認証もするのでとても便利(*´ω`*)

ケースの上からデモ指紋認証OK
ケースの上からデモ指紋認証OK

ちなみに、このカタリストのケース、指紋認証もそのまま使えるんですね。パッとスマホを出して、サッと調べたり、カメラを撮ったりするのに、超便利(*´ω`*)

これはすごい、どういう仕組みになっているんでしょう(◎_◎;)


スマホの防水対策はOKになったが、カメラはどうしよう!?

さぁさぁ、我がiPhoneが完全防水になったことだし、早速に試してみましたぞ(*´ω`*)

防水はバッチリ! しかしカメラが(;´Д`)

iPhoneは防水・防衝撃になったけど・・・
iPhoneは防水・防衝撃になったけど・・・

先日の200kmレーススーツ試着練でiPhoneをカタリストのケースに入れて、使い勝手を確かめてみたのです。超汗だく・汁だくで、水も何リットルも頭から被ったりしましたが、さすがiPhoneは無問題!

うぉっほ、これは想像以上の安心感(*´ω`*) ガンガン水浴びできるって素晴らしい。いや~、これで本当にスマホの水没を心配する必要がなくなりましたぞ(*´ω`*)

ただ、問題はiPhoneのカメラが・・・。↑の画像の向かって右の光の筋はフレアでしょうが、おやおや、何やら描写がおかしいw キャニオンの車体まわりの時空が変に歪んでいるぞ!?

これはケースのせいなのか、それとも・・・。何となくiPhoneのカメラのせいな気がします(-_-;) 恐らく僕の腕の限界でもありましょう。僕の腕だとiPhoneのカメラでは「それなり」の残念写真しか撮れないのねんorz

この際だから高品質なスマホカメラか防水カメラがほしい(-_-;)

ロードバイクでGRを使うのはいろいろリスクが高い今日この頃
ロードバイクでGRを使うのはいろいろリスクが高い今日この頃

僕が下手っぴなのは当然も当然。でも、願わくば、腕の至らなさをカメラがカバーしてくれると嬉しいなぁ(;´Д`) GRは写りは良いしコンパクトだけど、やっぱりどうにも最近厳しさを感じます(持ち運び的に)。何より防水じゃないから、いつ何時、僕の汗で溶かしてしまうかも分からない。。。う~む、う~む、スマホのカメラがGR並みに写るようになってくれたらなぁ(;´Д`)


以上、汗かきロードバイク乗りのスマホ水没対策のお話でした! 最近、ツイッターとかでスマホ写真なのに飛びぬけて高画質なのを見かけたりして悩みが深まる一方です(-_-;) (写真の品質も伴うといいのだけどw)カメラの品質はブログの生命線なだけに、しっかり良いモノを探さなくては(〃艸〃)ムフッ


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ