これぞ真のサドル沼(; ・`д・´) 女性用パワーサドルMimicがS-Worksになって帰ってきた!

女性用パワーサドルMimicがS-Worksになって帰ってきた
女性用パワーサドルMimicがS-Worksになって帰ってきた

2018年11月初旬、鳴り物入りで登場したMIMICテクノロジー採用のウィメンズPowerサドル。デゲメン氏が早速にエキスパート・グレードをレンタルしてから1週間。あれからどうなったかと申しますと、、、あぁ~ん、買っちゃった(*´ω`*) しかも、S-Works( ̄m ̄〃)ぷぷっ! というワケで、エキスパートとS-Works、2つのウィメンズPowerサドルを比べます!

想像以上に良かったらしいウィメンズPowerサドル with mimic

自称「鈍感」女子を演じるデゲメン氏ですが、女性専用パワーサドルmimicは相当良かったらしい(◎_◎;)

女性用Powerサドルは素晴らしかった!?

女性用Powerサドルは素晴らしかった!?
女性用Powerサドルは素晴らしかった!?

レンタルした女性用PowerサドルMimicでしまなみ海道&ゆめしま海道をグワングワン言わせたデゲメン氏。Mimicの印象を聞きましたところ、どうやら非常に好印象だった模様。

レンタル期日が迫り、返却することになって、一念発起し、購入することにしたのです。

パワーサドルMimicのS-Worksを(◎_◎;)

パワーサドルMimicのインプレは以下の記事をご覧くださいませ。

■女性用Powerサドル Mimicのインプレ
お尻やペダリングの悩みは女性専用サドルで解決!? 女性ローディーがパワーサドルmimicを使ってみた


カーボン素材のウィメンズPowerサドル with mimicの注意点

僕にそそのかされるがママに購入してしまったS-WorksのパワーサドルMimic。しかし、ここに落とし穴がありました(◎_◎;)

カーボンレール? だから何?(・∀・)

サイドクランプに気を付けて!
サイドクランプに気を付けて!

皆さんご存知、S-WorksのサドルはMade of カーボン! カーボン製なのです。やっぱ軽いワケだ(゚∀゚)

と、感心している場合ではありません。

自転車とサドルを繋げるレール部分がカーボンでありまして、これが取扱い注意なんですと:(;゙゚”ω゚”):

あぁん、クランプはカーボン専用!?

サイドクランプにはカーボン専用を使ってください!
サイドクランプにはカーボン専用を使ってください!

なんとビックリ・・・いや、驚くほどのことはございません(´_ゝ`)

カーボンレールにはカーボン専用のクランプを使いましょうねというお話です。そんなの、皆さんならきっとご存じのはず! え、僕ですか!?

当たり前じゃないですか、僕もこのとき(デゲメン氏が購入するとき)知りましたよ(´_ゝ`)

S-Worksのサドルはレールの形状も特殊だとぅ!?

S-Worksのサドルはレールの形状も特殊だとぅ!?
S-Worksのサドルはレールの形状も特殊だとぅ!?

本当に驚くのは、そんなことではありません(゚Д゚)クワッ ななんと、S-Worksサドルのレール部分、真円かと思いきや、微妙に楕円なんですと!

その形状がゆえに、丸のクランプはダメェ(◎_◎;) 「7mm×9mmのサイドクランプを使ってね♪」だって!

マジか。。。しょうがないから、専用サイドクランプも別途お買い上げですよ(前使っていたアルミ用のヤツをデゲメン氏に内緒で流用しようと思ったのに・・・(-_-;)

ワイのキャニオンはどうやってS-Worksサドルを固定してるんだべ?

キャニオンはどうやってS-Worksサドルを固定してるんだ?
キャニオンはどうやってS-Worksサドルを固定してるんだ?

ここで気になったのが、我がキャニオン氏。ご自慢のパワーサドルが装着されているんですが、これ、どうやって付けたんだっけね!?

上下で締めているようですが、はてさて。。。

ズレたりすることなく安定しているので、このままにしておくか(-_-;)サワラヌカミニタタリナシ、ジャ


女性用S-Works Powerサドルを比べてみた!

僕のサドルのことは気にせず、トットとデゲメン氏のサドルを取り付けてしまおう! おっと、その前に!

パワーサドルMimicは通常のパワーサドルよりコンパクト!?

パワーサドルMimicは通常のパワーサドルよりコンパクト
パワーサドルMimicは通常のパワーサドルよりコンパクト

せっかくなので、僕のパワーサドルと比べてみよう、そうしよう。雑に2つのS-Worksパワーサドルを縦置きしてみたところ!

ほほぅ、女性用パワーサドルMimicのほうが全長が短いんですね!? なんで!?

ちなみに、サドル幅はどちら(男性用も女性用も)も155mmです。

さすがS-Works! パワーサドルMimic、軽い!

さすがS-Works! パワーサドルMimic、軽い!
さすがS-Works! パワーサドルMimic、軽い!

そして気になるのはS-WorksパワーサドルMimicの重さ! 前回、エキスパートを計測したときは210gと、どんな表情をすれば良いか分からない微妙な感じ

一方、今回測ったS-WorksパワーサドルMimicはというと・・・。

175g! おぉ、これは軽い!

たった35gでありますが、手に持った感じがエラい違います。たかが35g、されど35gで、ウソかホントか、サドル付けたあとのフレームを手で持ったとき、普段より“ヒョイ”っと軽々・・・

なったかどうかは分かりません(´_ゝ`)


“S-Works”の真価を発揮!? PowerサドルMimicインプレ

エキスパートのMimicと比べて、S-Worksはどう違うのか!? デゲメン氏に乗り込んでいただきました!

S-Worksになって一番変わったのは!?

S-Worksになって一番変わったのは!?
S-Worksになって一番変わったのは!?

デゲメン氏に尾根幹で試してもらったところ!

デ「あんま変わらない (*´σー`)エヘヘ 」

ウッソ、なんかこう、もっとあるでしょう!? (´゜∀゜`)ナンカアルダロ!?

ダンシングしやすくなった!

S-Worksになって、よりダンシングしやすくなった!
S-Worksになって、よりダンシングしやすくなった!

真実を追求するワタクシの取材攻勢にデゲメン氏もようやく観念したのか、ポツリとひと言。

デ「軽くなって左右に振りやすくなった。ダンシングはしやすいかも」

ほら見たことか! あるじゃないですか(゚∀゚) 立派な、見事な体感=インプレですよ!

他にもエキスパートとの違いがあるでしょう!? えっ、もうない!?

そうですか、でも、何となくそんな気(エキスパートとS-Worksの違いは僅か)もしなくはない(-_-;)

さらに追記しますと、「Mimicだから特に女性にヤサしい! スゴい!」というのは感じなかったようでした。。。


以上、エキスパートからS-WorksにグレードアップしたパワーサドルMimicのインプレは、軽くてダンシングしやすくなりました(*´ω`*) でした。ただ、ダンシングしやすくなるのは、坂とか一瞬の加速とかでかなりメリットが大きいことですから、それを求めてS-Worksにするのは十分ありかもしれません、、、たかが35gの軽量化か、それとも、されど35gの高速化か!? これぞ真のサドル沼(ФωФ)フフフ・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ