ロードバイクのトレーニングの悩みは尽きない(-_-;) ZAPPEI早咲き桜ライドで脚力の限界が丸裸w

ZAPPEI早咲き桜ライドで脚力の限界が見えてきた!
ZAPPEI早咲き桜ライドで脚力の限界が見えてきた!

さぁお楽しみの時間です(*´ω`*) ガッツリ練習ライドのデータ振り返りは楽しいなぁ。というワケで、先日の早咲き桜ライドのデータから見える課題の検証と、今後の練習の考察をば。あぁあぁ、誰かコーチに指導してもらいたいw

ZAPPEI早咲き桜ライドでの限界点を探る

清々しいくらいに千切れた早咲き桜ライドでありますが、その分、必死に追いつこうとして良いデータが採れました(*´ω`*) コツコツ、データ採集楽しいな♪

平坦に耐える脚がない

早咲き桜ライドのデータ分布。平坦で脚がなくなり山で売り切れ
早咲き桜ライドのデータ分布。平坦で脚がなくなり山で売り切れ

早咲き桜ライドは大きく、江ノ島から小田原までの平坦と、小田原から熱海までのアップダウンに分けられます。僕の場合、この最初の平坦で取りあえず脚が終わります(´_ゝ`)

どれくらいヤバいかというと、前から2番目で中切れを起こしそうなるレベル。実はちょちょっと中切れして、マツ兄に助けてもらったりして・・・スミマセン(;´Д`) 平坦を抜けるの要した約1時間のNPは240~250Wだったので、単純に貧脚過ぎるのが露呈して困惑します(´_ゝ`)

上りでトドメで無事死亡

平坦が終わって上りになったら、もう脚はありません
平坦が終わって上りになったら、もう脚はありません

平坦でバキバキ、脚どころか腹筋が痛くなったところで上りに突入するのが、早咲き桜ライドです。7分272Wと、僕的L5の下限で上り切ることができましたが、もはやここまで(;´Д`) 熱海手前の上りはFTP以下の254Wを絞り出すのが精いっぱいでありました。

復路は当然、もちろん無事死亡。何というか、シンプルに体力・脚力がないだけなのがよく分かって良かった(*´ω`*)

L5以上は45分が限界説

ガチのロングライドのデータが非常に少ないのでありますが、早咲き桜ライドのパワーゾーンから見えてきたこともありました。

2月11日のライドはL5が24分、L6が23分

2月11日のライドはL5が24分、L6が23分
2月11日のライドはL5が24分、L6が23分

ガチのロングライドというと、なんとビックリ、前回12月9日のZAPPEI熱海練と今回2月11日の早咲き桜ライドしかないことを発見(゚Д゚;) 全然、長い距離ガチで走ってねぇwww

「そりゃぁ体力ないはずだ」と思いながら、2月11日のパワーゾーンを見てみると、ほほぅ、L2~L6まで揃っていて気持ちいい(´_ゝ`)

ツラさMaxだったけれど、L5は24分、L6は23分だったのね。

脚力の限界が見えてきた(;´Д`)

前回12月9日も今回2月11日とほとんど同じ数値
前回12月9日も今回2月11日とほとんど同じ数値

ふと気になったので、前回12月9日のデータも見てみました。L5が21分、L6は28分でありますな。12月9日のあと、別の日にFTPを更新してるので、パワーゾーンの区切りが若干違うのはご愛敬(;^_^A

前回と今回の2つのデータを見るに、どちらも各ゾーンのトータル持続時間がほとんど同じ。時間別最大パワーも、1分(337~350W)・2分(315~321W)・5分(285~288W)・20分(248~250W)でほぼ同じであります。

・・・ということは、ここら辺が今の僕の限界!? 2回しか走ってないながら、上記最大パワーをマックスにして持続時間L4・30分 + L5・20~24分 + L6・20分を連続で出すと、ワタクシ無事死亡するという理解でよろしいか(; ・`д・´)

L5(VO2Max)が弱い気がする(-_-;)

でも、なんで激ツラいはずのL6と、それより下のL5の持続時間がほとんど同じなんだろう?? L5が弱すぎるのではなかろうか!? もうちょっとL5を長く維持できるようになったら、少しはついていけるようになるかしらん・・・

(L5・5分走×3本)×2セットをやってみた

L5の5分走を6本やってみた
L5の5分走を6本やってみた

どうもL5付近が課題なような気がしてならないので、いつもは3本だけのL5・5分走を2セットしてみることに。5分L5(273~309W)で3分レストという自分に優しい仕様でトライしてみたところ・・・。

おぉ、トータル持続時間でL5の壁だった20~24分を超えることができましたぞ!? レストがあるとまったく違いますのwww

強度を下げてるだけだった(-_-;)

L5の5分走を完遂できたのは強度を下げたから
L5の5分走を完遂できたのは強度を下げたから

でも、完遂できたのには理由があります(;´Д`) 3分のレストと、セット間は5分のレストという、レストたっぷりの本当にやさしいL5・5分走だったのに加え、う~ん、強度低すぎw

FTP比109~112%と、L5の範囲である106~120%に収まっておりますが、下限も下限。素晴らしい手加減です(-_-;)

やり切ることを目的にして、レスト多め・強度低めに意識的に・無意識にしちゃったんだなぁ。。。むむむ、悩ましくも難しい(;´Д`) 本数よりも1回の強度をしっかり出すことに専念したほうがいいのか、強度は下げても数を増やしたほうがいいのか。。。

そもそも、今やってる練習(2分走+L4・40分/5分走+L4・40分)がツールドおきなわ的に意味・効果あるのかも分からぬ(・_・;) やはり、原典かつバイブルの「パワー・トレーニング・バイブル」をしっかり読み込まないといけませんかのぅ(;´Д`)

以上、borikoの限界はL4・30分 + L5・20~24分 + L6・20分なことが分かったZAPPEI早咲き桜ライドでありました。何となく、2分走や5分走など追い込む練習はローラーにして、普段は強度低くても実走にしたほうが良いのではないか!?と思ったり、信号ストップ激しいから意味ないと思ったり・・・。悩みは尽きませぬw

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ