こんなツラい坂が東京にあったなんて(;´Д`) 尾根幹沿いのランド坂で脚が小鹿のようになりました

2019/09/16

2分走の練習にランド坂に行ってみた!
2分走の練習にランド坂に行ってみた!

「ロードバイクで大切なのは2分走」と言ったのは、はてさて誰だったっけ(・_・;) 今年からロードレースに出るようになって、特に1分~2分の高強度の大切さを痛感しております。という訳で、来たる「ツール・ド・おきなわ」の準備もかねて、2分走を積極的に取り入れていこうと思うのです。場所は、かの有名な「ランド坂」(゚∀゚)!

ズバリ!この領域がワタクシの絶対的弱点だ(゚∀゚)!

宇都宮ロードや群馬CSCが典型ですが、2分弱の絶対パワーってメチャ大事(; ・`д・´) たかが2分、されど2分を耐えられないと、あっという間に集団から脱落してしまうのです。

1分~2分が弱すぎて5分以下の向上を妨げている

MMPで自分の弱点を再確認
MMPで自分の弱点を再確認

ZAPPEI博士号にして、目下ズイフト首ったけの壁ちゃんも書いてました、「MMPで足りないところを見つけよ」と! なので、早速にパクッて自分のMMPを見直してみたところ!!

ひゅ~、30秒から1分の落差が凄まじい(´_ゝ`)

30秒が約700Wであるのに対し、1分は457W、2分は364Wで、わずか30秒の間に約300Wの開きがあります。

一方、2分から5分の差は少ない。5分が311W、10分が295W、20分は288Wで、5分以下はほとんど差がありません。

これはつまり、1分~2分がワイのボトルネック(=弱点)ということです(゚Д゚)クワッ!

実走で2分走できる場所はないものか

自分の弱点を白日の下にさらしたところで困ることはまったくありません(´_ゝ`) ほれほれ、1分踏んでみ? あっという間に千切れていきますよ、ニッコリ

ほほぅ、ランド坂というのか

ほほぅ、ランド坂というのか
ほほぅ、ランド坂というのか

とは言いつつ、弱点を知りつつ放置しておくのはよろしくない。「ツール・ド・おきなわ」のコースは小刻みな上りが多かった記憶があるし、しっかり対策しておきたいところ。という訳で、1~2分を練習できそうな場所を探してみたところ・・・

ほほぅ、ランド坂というのか(´゚д゚`)

スペックは740mで8.5%。フォロー中の皆さんのタイムを見ると最速がタカヒロ君の1分52秒で、以下2分10秒~20秒という感じ。ふむふむ、ここなら2分走の練習になりそうだすな(゚∀゚)!

ランド坂(ジャイアンツ坂)に行ってみた!

という訳で早速に行ってみました、ランド坂。尾根幹は何度も走りましたが、ランド坂に来るのは今回が初めてであります(;^_^A

焼肉 味ん味ん の交差点を左折

いつも行列の味ん味んを左折
いつも行列の味ん味んを左折

地図を片手にランド坂を目指します。矢野口ローソンを過ぎ、「焼肉味ん味ん」に。この交差点を左折するのでありますな!?

ちなみに、この「味ん味ん」、いつ通り過ぎても行列ができています。美味しいのかしらん!?

京王よみうりランド駅に着いた!

京王よみうりランド駅に着いた!
京王よみうりランド駅に着いた!

味ん味んを左折し、モール?のような大きなショッピングセンターを通過。高架をくぐってすぐ左折すると着きました!

ここが京王よみうりランド駅! 写真でいうところの車が停まっているちょっと手前が、今回の目的地「よみうりランドV通り」セグメントの開始地点です。

ランド坂、ツラくてワロタwwww

ではでは、早速にランド坂に挑戦(゚∀゚)! 初めての場所はいつもワクワクでありますが、走り始めてすぐ後悔に変わり、悪態のオンパレードになる諸行無常。

壁のような序盤

そびえ立つ壁のようなランド坂
そびえ立つ壁のようなランド坂

京王よみうりランド駅をスタートしてすぐに、そびえ立つ壁のような坂に突入します。斜度は見なくても分かる激坂っぷり。「V坂ショート」というセグメントによれば240mで12%とあります。

1分過ぎて力尽きるも坂は続く

右カーブが始まるあたりから苦しくなる
右カーブが始まるあたりから苦しくなる

正直、最初の公称12%はそれほど苦でもないのです。勢いのほうが勝りますから。地獄の始まりはスタートから1分が経過するころ。僕的速度だと、写真(↑)の右カーブあたりです。

「まだあるのかよ。。。(◎_◎;)」と、2分の長さを噛み締め始める瞬間でありました。

1分30秒が過ぎても続く坂

左カーブに入るとあと少し・・・と思うでしょう(´_ゝ`)
左カーブに入るとあと少し・・・と思うでしょう(´_ゝ`)

心を虚無にしてひたすら腹筋に力を入れてペダルを踏み続けることしばし・・・。10秒も経ってない(# ゚Д゚)! 1秒が無限に長くなる相対性理論を体感しながら、今度は左カーブへ。

「もう帰りたい(;´Д`)」と半べそになります。

ようやくゴール!

ランド坂のフィニッシュ地点
ランド坂のフィニッシュ地点

ひたすら長く感じる左カーブを抜けると、ようやく平地へ! ここが、ここがゴール!? もう、ここがゴールでいいや!

2分をもっと鍛えよう

ヨダレ垂らしながら何とか上り切ったランド坂。なんだこれ、めっちゃキツいじゃん(;´Д`)

2分後半がやっと

初めてのランド坂は2分30秒だった
初めてのランド坂は2分30秒だった

あまりのキツさにビックリしつつ、タイムを楽しみに振り返ってみたところ!!

んひょ~、2分30秒!!! 遅いwww 2分台は遥かカナタ、2分走というよりは3分走のペースであります(;´Д`)

2分のパワー弱すぎマンm9(^Д^)プギャー

2分の割にパワーはとても低い
2分の割にパワーはとても低い

一応、1本だけじゃもったいないので、5本ピストンしたんです。レストは2分弱。その結果がこちら。

1本目が348W/5.4倍・2分30秒で最もパワーが出ていてタイムも速く、以降はダダ下がり。最低は4.6倍で2分54秒かかった4本目であります。

2~5本目は5倍届くか届かないかというレベル。うん、これが現実、致し方ない。自分の現状とこれからのスタート地点を確認できて良かった(;^_^A

2分走(3分走)×5本やったらヘロヘロ

帰りの道中は小鹿のように脚がプルプルだった
帰りの道中は小鹿のように脚がプルプルだった

2分走(実質3分走)で2分の高強度の大変さを実感できて良かったけど、もっと良かったのは帰りの道

2分走(実質3分走)×5本やったら、もう脚がヘロヘロ売り切れw 帰り道の平坦30kmが150Wも出せません(-_-;) これはシッカリ追い込めた証!? 良い指標になりそうだす(*´ω`)

以上、初めてのランド坂で2分走を目指したら3分走になっちゃったm9(^Д^)プギャーなお話でした! 2分走を週1回、1分走を週1回、あとはもう1日SSTできるようにしたいでござるな。平日尾根幹行くのは大変だけど、できる限り通うようにしてみようそうしよう。沖縄に向けて頑張るぞぅ~(゚∀゚)!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ