ロードバイクで味わう海なし県の海の幸! 埼玉県川島町のうどん屋「だるまや」で出会う、気合の入ったマグロ丼

僕らの川島町は裏切らない
僕らの川島町は裏切らない

お勧めいただいたお店はだいたい挑戦するのが当ブログのモットー。という訳で、今回もお勧めされたお店に行ってみました! 向かった先は、我らが埼玉県比企郡川島町の「だるまや」!

そして、さすがは川島町!!埼玉屈指のグルメタウンとワタクシが大絶賛評価する街は、今回も期待を裏切りませんでした(゚∀゚)! もう、なんでみんな川島町来ないの? 美味しいものしかないよ、ここには(´_ゝ`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も今日とて川島町へ

ときはGWのとある晴れた日。ブログのコメント欄でお勧めされた川島町の「だるまや」でご当地グルメとして有名な「すったてうどん」を食べに行くことにしたのです。

川島町は荒サイ直結ドアツードア

いつもよりかなり遅くに荒サイを出発
いつもよりかなり遅くに荒サイを出発

埼玉県のど真ん中、陸の孤島の川島町へのアクセスは簡単です。荒サイを遡上すればいいのだ。

荒サイは工事で押し歩き必須な区間がありました
荒サイは工事で押し歩き必須な区間がありました

めざす「だるまや」は午前11時から開店だそうで、僕らにしては物凄く遅くに出発。日が完全に上り切った中スタートするのは久しぶりですな。

早く着き過ぎたので時間つぶしにお買い物

開店ちょっと前に着くよう出発したはずが、さすが勝手知ったる一本道。1時間半以上も前に川島町へ着いてしまった(;´Д`)

川島町の野菜を買おう

時間が空いたので、先に川島町農産物直売所に立ち寄り
時間が空いたので、先に川島町農産物直売所に立ち寄り

それならば、帰りがけに寄ろうと思っていた「川島農産物直売所」へGOだ! この農産物直売所は、もはや我が家のスーパー代わりの頻度で利用するほど。どの野菜も美味しく、もちろん新鮮で、しかも安い(*´ω`)

川島町に来たらぜひとも食べたいお蔵米
川島町に来たらぜひとも食べたいお蔵米

ちなみに、ワタクシ川島町のお米に大絶賛ハマり中で、毎月お米を通販するほど。新潟などの米どころのお米に負けず劣らず、とにかく美味しいのです。

ぜひぜひ一度お試しあれ。送料がやや高いですが、近隣のスーパーで売っているお米とは比べ物にならないくらい美味しくて、もうスーパーのお米は食べられません(*´ω`)

川島町のお蔵米通販サイト

JA埼玉中央ネットショッピング(川島町のお蔵米通販サイト)

金笛しょうゆパークに初訪問

金笛しょうゆパークに初訪問
金笛しょうゆパークに初訪問

川島農産物直売所で野菜をゲットし、しかしまだ時間がありました。ふむ~、どうやって「だるまや」の開店まで時間をつぶそう・・・と思ったとき、ちょうどいい場所がありました!

金笛しょうゆパークはGWで家族連れがいっぱい!
金笛しょうゆパークはGWで家族連れがいっぱい!

それが「金笛しょうゆパーク」であります。寛政元年(1789年)創業の老舗醤油メーカーで、その醤油は先日訪れた大人気ラーメン店「四つ葉」など近隣のお店でも使用される、地元から愛される醸造所であります。

こんな有名な観光スポットがありながら、川島町にこんなに足しげく通っていながら、金笛しょうゆパークに来るのは実は初めて(;^_^A

しぼりたての生醤油をお土産に

金笛しょうゆパークでは、しぼりたての生醬油をゲット
金笛しょうゆパークでは、しぼりたての生醬油をゲット

金笛しょうゆパークは醸造所の中を見学できたり、醤油レストランが併設されていたりと、これは素晴らしいアトラクション。「焼きおにぎり美味しそうだなぁ(;゚д゚)ゴクリ…」と眺めつつ、これから本題のランチなのでグッと我慢。

代わりに、GWならでは(?)のアトラクションで、しぼりたての生醤油の即時販売会があったのでゲットすることに。

樽から出てくる醤油の香りが、ああぁ~食欲をそそる! やっぱ、僕は醤油の民だなぁ(*´ω`)

いよいよ本題! だるまやはうどんが有名なはずなのに(◎_◎;)!

金笛しょうゆパークでほど良く時間をつぶして、ようやく開店時間になりました!

だるまやにやってきた!

だるまやにやってきた!
だるまやにやってきた!

さぁさぁ本日の本題、「だるまや」のお時間です(゚∀゚)! 場所は、大人気ラーメン「四つ葉」やこれまた大人気うどん店「庄司」が立ち並ぶ、“川島町のグルメストリート”こと県道76号線/269号線沿い

金笛しょうゆパークもこの並びにあって、国道254号線から一本入ったこの道は、川島町の美味いものが一堂に会した、絶対外れがないグルメ街道であります。

川島町のご当地グルメ「すったて」!!

これが川島町の「すったて」だ!
これが川島町の「すったて」だ!

「だるまや」でめざすのは川島町の夏のご当地グルメとして、B級グルメグランプリとかでも優勝している「すったて」であります。ちょうど5月から提供開始でありまして、グッドタイミング(゚∀゚)!

「すったて」って何だろう?? と思ったら、要は「冷や汁」のこと。宮崎県の郷土料理としても有名な「冷や汁」が名前を変えて埼玉県の川島町にもあるとは、非常に興味深い。

「すったて」とは、「すりたて」がなまったもの。その名のとおり、すり鉢にタマネギや大葉、キュウリ、ミョウガなどを入れ、よくすりつぶしてから味噌を混ぜ、井戸水で溶いた汁で食べたのが由来です。

郷土料理「すったて」は野菜のうま味で食べる冷や汁麺!|特集2 新・日本の郷土食(2)

マグロ丼が次から次へと(◎_◎;)

デゲメン氏はなぜかマグロ丼を注文
デゲメン氏はなぜかマグロ丼を注文

歴史ある「すったて」のさっぱりあっさりした味わいを楽しむワタクシに対し、デゲメン氏が注文したのは、なんとマグロ丼!

「えぇ!? ここまで来て、なんでマグロ丼!?」と思ったら、これがとんでもなかった(◎_◎;)

だるまやのマグロ丼のクオリティが凄かった

金笛醤油で食べるだるまやのマグロがとても美味
金笛醤油で食べるだるまやのマグロがとても美味

とても陸の孤島とは思えない、新鮮でプリプリ感たっぷりのマグロが満載ではありませんか! ひと口お裾分けしてもらったところ、あれれ、ここは港町だったかな!?と勘違いするほどの美味しさ。

続々と来店するお客さんも、知ってか知らずか、皆さん揃いも揃ってマグロ丼を注文しています。「だるまやさんはマグロ丼のお店なの!?」と聞きたくなるほど、マグロ丼が人気とは(◎_◎;)

そう言えば、川島町は何でか知らないけれど“海鮮丼”に力を入れているお店が多かったような。前述の「四つ葉」もそうですし、川島町のデカ盛り海鮮丼として知られる「そうま水産」もそうでした。川島町からは少し離れますが、「寿製麺よしかわ」も海鮮丼が美味しかった記憶。

「海がない」渇望感が川島町をして、海の幸に力を入れさせるのでしょうか!? 「〇〇屋だけど海鮮丼も人気!」みたいなお店、他にもいっぱいありそうな予感がします(・_・;)

ちなみに、この「だるまや」は川島町産のお米を使用していて、これまた美味しいの(*´ω`) 醤油はもちろん金笛醤油だし、まさに地産地消・・・ひょっとしてマグロも採れるのかな、川島町で(-_-;)

グルメに迷ったら川島町へ

という訳で、お勧めされた「だるまや」に来たら、マグロ丼が大人気でそっちのほうに驚いたw いやぁ、やっぱ川島町凄いですわ(;´Д`)

期待を裏切ることを知らない川島町

グルメに迷ったら川島町へ
グルメに迷ったら川島町へ

川島町に来て、美味しくないものに出会ったことがありません。期待を裏切ることを知らない、ニコンのキャッチフレーズではありませんが「期待を超えて、期待に応える」町、それが川島町なのかも。

グルメに迷ったらぜひ川島町へ(*´ω`) 農産物直売所だけでも十分満足できるグルメと出会えますですよ~

以上、僕らの川島町はやっぱり期待を裏切らない! うどん専門店「だるまや」は実はマグロ丼も凄いんです(◎_◎;)! なお話でした。

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    坊主さん、ありがとうございます。

    ご紹介いただいただるまやさん、行ってみましたよ~
    マグロ丼が想定外で、ちょっと、うどんが霞んでしまって申し訳ございません(;^_^A

    川島町界隈は、ホント美味しいものだらけですね~埼玉凄い

  2. 坊主 より:

    おはようございます。

    だるまや、ご紹介しておきながら「マグロ丼」は食べていませんでした。なんたる失態。。。

    今度行く時は、マグロ丼を注文します!でも、すったても食べたい。。。

タイトルとURLをコピーしました