ロードバイクで上位めざすのは甘くないm9(^Д^)プギャー 「JCRC’s legacy サーキットロードレース in 群馬CSC 2022」レースレポート

「JCRC’s legacy サーキットロードレース in 群馬CSC 2022」に参加しました!
「JCRC’s legacy サーキットロードレース in 群馬CSC 2022」に参加しました!

6月のJBCF修善寺から1ヵ月半、超久しぶりにロードバイクレースに参戦してきました! 8月7日(日)、お馴染み群馬CSCで開催された「JCRC’s legacy サーキットロードレース in 群馬CSC 2022」に参戦! 「うひょ~、ひょっとしてワシ君、5位以内入っちゃうんじゃないの(゚∀゚)!?」という夢をほんの一瞬だけ味わった真夏の群馬CSCロードレースを振り返ります。

写真撮影:あさとさん、デゲメン氏

スポンサーリンク
スポンサーリンク

群馬CSCでロードレースって出たいじゃん

そもそも「JCRC’s legacy サーキットロードレース in 群馬CSC 2022」と題するレースがあることを知ったのは今年の7月。知った直後にエントリーしておりましたよ(*´ω`)

4月のJBCF群馬出られなかったし

1年に1回は走りたい群馬CSC
1年に1回は走りたい群馬CSC

エントリーの動機は今年4月のJBCF群馬に参戦できなかったから。1年に1回くらい群馬CSC走りたいじゃないですか!?

しかもこの「JCRC’s legacy サーキットロードレース in 群馬CSC 2022」、ありがたいことにクラス分けがちょうどピッタリ。ミディアム6周回なんて、いつもちょうど5~6周で足切りされるワタクシに打ってつけの周回数ではありませんか(゚∀゚)

こりゃぁミディアムで出て、足切りをかけて戦うでござるよ(* ´艸`)クスクス

群馬CSCを6周走ります!

さぁさぁそれでは早速にレースの振り返りをば! これがね、僕にしては結構最後まで粘れたんですよ(゚∀゚)!

ミディアムクラスは45名

「JCRC’s legacy サーキットロードレース in 群馬CSC 2022」ミディアムクラスは45人がエントリー
「JCRC’s legacy サーキットロードレース in 群馬CSC 2022」ミディアムクラスは45人がエントリー

スタートリストをみると、僕が参戦したミディアムクラスは45名がエントリー。カテゴリ的にJBCFで言うところのE3以上でありまして、すなわち“脚に覚えあり”な皆さんです。

JBCFのE3でワタクシ何度もこの群馬CSCを走っていて、完走できたのは1回だけ(;^_^A しかもそのときは、群馬CSC名物「心臓破りの坂」がない逆回りコースでした。

しかし、今回の「JCRC’s legacy サーキットロードレース in 群馬CSC 2022」は正回りコース。「心臓破りの坂」を僕らミディアムクラスは6回上らないといけませんで、ふふふ、何周までついていけるのかな(* ´艸`)クスクス

久しぶりのクリートキャッチミス

クリートキャッチをミスって最後尾
クリートキャッチをミスって最後尾

さぁさぁ、ではではレーススタート。号砲とともにミディアムクラスの皆さんが勢いよく走り出し、一方のワタクシはクリートキャッチ痛恨のミス(´_ゝ`)

もともと、いつものように最後尾整列だったけど、クリートキャッチミスったせいでさらに出遅れてしまった(;´Д`)

おぉ? 何だかついていけるぞ!?

珍しく心臓破りでも千切れてません
珍しく心臓破りでも千切れてません

最初の半周がローリングスタートだったので助かりました。何とか集団に復帰しアクチュアルスタートへ。ヘアピンを抜けて下り切ったところの1号橋を潜り抜けたところから本チャンレースのスタートであります。

んでアクチュアルスタートの場所が、ストラバ・セグメントでいうところの「下り明け②」に当たりまして、2段階の緩い(?)上りが続きます。いつものJBCFならば、ここでいきなり心臓が破裂しそうなほど強度が上がるのですが・・・

およ?? 何だか静かだ。レッドゾーンに入ることもなく、そのまま魔の「心臓破りの坂」へなだれ込むと・・・

おぉ、ここも不穏なほどに静かだ(・_・;) さすが皆さん、歴戦の方々ばかりでチェーン落ちする人はいないし、斜行もないし、自分の居場所を知らせる掛け声を出したりして素晴らしい。

淡々と周回数を重ねます

淡々と周回数を重ねます
淡々と周回数を重ねます

そんなわけで、1周目から千切れるかと思ったら、何とビックリ集団に残れてしまった(◎_◎;) 「いやいや、次の周こそ強度がドカーンで阿鼻叫喚」ということが起こるわけでもなく、淡々と淡々と周回を重ねていく感じ。

4周目で一瞬ペースが上がって集団が小さくなったものの、別クラスのゴール争いと重なって強制ニュートラルに。割れかけた集団がまたひとまとまりになって、ペースが落ち着きました。

最終周の心臓破りが勝負!

心臓破りを4~5番手で通過(◎_◎;)
心臓破りを4~5番手で通過(◎_◎;)

ということはですよ!? 勝負の分かれ目は心臓破りの坂ではありませんか! 1分ほどの坂を過ぎれば後は下り基調です。つまり心臓破りの坂の順位=レースの順位(;゚д゚)ゴクリ…

幸いなことに、どうも心臓破りの坂はワタクシ集団内でそんなに遅くない模様(マジか)。「攻めるならここしかないわい」 ということで心臓破りの坂を駆け上りますと、おぉぉ、何とビックリ先頭から4番手・5番手で通過してしまったではありませんか(◎_◎;)

志村、後ろ後ろ~

後続はかなり離れているのを音で察知
後続はかなり離れているのを音で察知

先頭3人はやや先行し、僕ともう1人が4~5番手で下りのストレートに突入。このとき気配的・音的に後方とは数十m以上差が開いているのを感じまして、下りはガチ踏み。

もう1人の人は後ろで待機態勢だったので、こりゃ4位は厳しいが5位イケるかも(゚∀゚)!

集団に飲まれて5位の夢は潰えました
集団に飲まれて5位の夢は潰えました

と思った瞬間、後続集団がズワァ~!!! ありゃりゃ追いつかれてしまった(◎_◎;) 一体どこでどうやって追い上げてきたのwww あああ、ワイの5位以内の夢が散っていく散っていくぅうううwwww

群馬CSC、無事走り切れただけ満足!

という訳で、最後マクリに捲られ、ワタクシは何位だったのでしょう?? 後続集団、7~10人はいたでしょうか!? そうすると、15位くらいになってしまうでしょうか。まぁなんと儚い夢だったこと(´_ゝ`)

思いのほか走れたのは大収穫

群馬CSC主要セグメントの結果
群馬CSC主要セグメントの結果

いずれにしても、6周回最後まで先頭に残れて、最後の心臓破りなどは5番手以内まで上げることができたのは非常に大きな収穫でありました。

全体的に見ても6回上った心臓破り、どれもだいたい1分ちょいを維持できたのはビックリさん。これはおそらく全体的なペースがゆっくりかつ下り明け②の強度がソフトだったことも影響しているかもしれません。

そう思うと、JBCFってやっぱ半端ないですな。。。次回9月のJBCF群馬、果たしてどれくらい通用するだろう。1周目で千切れて3周で足切りの未来しか見えません・・・(-_-;)

素晴らしい写真に感謝

JBCF以外で群馬CSC走れる機会があることに感謝感激アメアラレ申し上げるとともに、あらためてJBCFの凄さを実感したレースでありました。

あさとさん、ナイスな写真をありがとうございますm(_ _)m
あさとさん、ナイスな写真をありがとうございますm(_ _)m
まさかの展開に沸き立ったデゲメン氏
まさかの展開に沸き立ったデゲメン氏

最後に、いつも素敵な写真をガンガンガン速で上げてくださるあさとさん、そしてわざわざ上毛高原まで遠征付き合ってくれたデゲメン氏に感謝感謝でございます。

心臓破りで良い番手に残れたのに維持できなくてガッカリさせてしまいました。小生の貧脚、大変申し訳ございません(;´Д`)

次のレースは9月の群馬3連戦だなぁ~それまでは夏休み自転車大冒険を楽しもう(´_ゝ`)

以上、“あわや5位以内!?”とすんなりいくほどレースは甘くない! JCRC’s legacy サーキットロードレース in 群馬CSC 2022に参加しました! なお話でした。無事走れて最後まで絡めて楽しかったわ~(*´ω`)

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました