チューブレス教に入信します(゚∀゚) 5ヵ月酷使し決戦タイヤはチューブレス一択

5ヵ月間使ったチューブレス(レディ)タイヤの評価を再検討します
5ヵ月間使ったチューブレス(レディ)タイヤの評価を再検討します

ロードバイクで最もお金をかけるべきところ。それはフレーム・・・違います! ホイール・・・違います! コンポ・・・違うそうじゃない(# ゚Д゚) それらはお金を「かける」じゃなく「かかる」ところ。真にお金をかけるべきはタイヤ、そしてブレーキです。と言う訳で、今回のお話はロードバイクの2大重要パーツのうちのタイヤについて。導入して5ヵ月のチューブレス(レディ)、結局良いの? 悪いの?? どうなの???

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チューブレスレディを5ヵ月間使ってみて

昨年2020年9月に鳴り物入りで導入したチューブレスレディの「Specialized Turbo RapidAir 2Bliss Ready」タイヤ。5ヵ月間使ってみて、あらためて感想をほじくり返します。

乗り心地は良い。だがしかし・・・

Turbo RapidAir 2Bliss Readyを5ヵ月間使ってみて再インプレ
Turbo RapidAir 2Bliss Readyを5ヵ月間使ってみて再インプレ

前回のインプレは導入から100~200km乗ってのもの(参考記事)。その時の印象は、「ガタガタの衝撃が少ない」=乗り心地が良いというもの。

その一方で、「GP5000(クリンチャー)と比べて、ちょっとモッサリモッチリ」、転がらないという印象でした。5ヵ月経ってその印象は・・・

あんまり覆ってない(-_-;) ごめんなさい、RapidAir。。。チューブレスレディは優しい乗り心地だけど、タイヤ自体の感触はターボコットン(CL)やGP5000のほうが好きかもしれません。。。(;´Д`)

ローラーでしか乗れない今は宝の持ち腐れ

チューブレスタイヤは使わないとすぐ液漏れする
チューブレスタイヤは使わないとすぐ液漏れする
チューブレスタイヤをローラーに使ったら変形しました(´_ゝ`)
チューブレスタイヤをローラーに使ったら変形しました(´_ゝ`)

さらに、現在は諸事情ありましてローラーしかできない日々。ベンジがローラー専用という悲しい状況で、これではせっかくのチューブレスレディが宝の持ち腐れというものです。

かといって、チューブレスレディを使わずに取っておくとシーラントがダダ漏れしたりして管理が大変。でも、ローラーで使うとタイヤが変形したりして、これまた大変(;^_^A

クリンチャーに戻してしまった。。。
クリンチャーに戻してしまった。。。

結局、クリンチャーのGP5000に戻してしまったのであります。。。

チューブレスの印象は良くない?? いやいや、タイムを、実績を見てくれ!

どうも、ネガティブな印象が募りつつあるチューブレスレディタイヤ初体験。でも、本当にRapidAirはそんなタイヤなの?? ちょっと、走行記録を振り返ってみてはどうですか!?

Turbo RapidAir 2Bliss Ready(チューブレスレディ)にしてから好タイム連発

RapidAirに交換してから、ヤビツやV坂、宮ヶ瀬クリテなどを走っておりまして、ちょっとその記録を見てください(◎_◎;)

ヤビツは自己ベストから3秒遅れの歴代2位の記録
ヤビツは自己ベストから3秒遅れの歴代2位の記録

ヤビツはまさかの自己ベスト・・・から3秒遅れの好記録(移動タイムでは更新)。しかも単独での記録です(参考記事)。

V坂では自己ベストと並ぶ記録を連発
V坂では自己ベストと並ぶ記録を連発

さらに、みんな大好き・僕超苦手なV坂でも自己ベストと同タイムを連発(◎_◎;) (参考記事

それまではずっとGP5000のクリンチャーでしたで、RapidAirに換えたらすぐこの結果。タイヤ換えただけで変わり過ぎwww RapidAir、結果を出してくれるめっちゃ良いタイヤじゃないですかΣ( ̄□ ̄|||)

最速タイヤはチューブレス(レディ)ばかり

なんだ、ちゃんと結果を出してくれているじゃないか、RapidAir(◎_◎;) 本当にごめん、申し訳ない、すみません(;´Д`) 手のひら返すわ、RapidAir最高だな。

転がり抵抗の低さはチューブレスタイヤの独壇場

Bicycle Rolling Resistanceで転がり抵抗を確認
Bicycle Rolling Resistanceで転がり抵抗を確認

RapidAirがこんな良いタイヤだったなんて知らなかった(;^_^A「いや、そんなことはあるまい、僕の感覚が間違っていたとは!」と思って、転がり抵抗を計測しているサイト「Bicycle Rolling Resistance」を確認。

すると、おぉ!! RapidAir、実際とても優秀な転がり抵抗ではありませんかΣ( ̄□ ̄|||)

僕が好んで使っていたGP5000や“最終兵器”と思っていたTurbo Cottonよりも転がり抵抗が低いとは・・・僕のインプレは何だったんだwww/(^o^)\

次なるタイヤもチューブレス(レディ)にしよう

もうクリンチャーに戻すことはないかな。。。
もうクリンチャーに戻すことはないかな。。。

こうなると俄然、ますます、否応なく気になってくるのが、RapidAirよりさらに優れた結果を出しているチューブレス(レディ)なタイヤ。特にコルサスピードG+2.0(TLR)とGP5000TLは気になります。

コルサスピードG+2.0(TLR)は超パンクしやすく、GP5000TLは超ハメにくいという先入観を持っておりますが、はてさて・・・。

富士ヒル、コルサスピードで出たらどうなるんだろうという、怖いもの見たさがチラホラ。。。とりあえず、実走できるようになったら次回タイヤもチューブレス(レディ)にしようそうしよう。

以上、「使わなくていいかな?」と思っていた僕がバカでした。チューブレス(レディ)タイヤの再評価で、ロードバイク・タイヤはチューブレス一択に(´_ゝ`)なお話でした。マジかよ、RapidAir、こんなに素晴らしい優秀なタイヤだったとは・・・パンクにも強いし、次回もRapidAirでいいかな(゚∀゚)テノヒラクルー

Author|著者情報
この記事を書いた人

ロードバイク & マウンテンバイク ブロガー

海外の最新ロードバイク&マウンテンバイク情報や、関東地方を中心に日本全国、ときたま海外をサイクリングして自転車旅ならではのグルメや景色、楽しみ方を発信中。

JBCF(実業団自転車競技)やツールドおきなわ、ほか自転車イベントにも積極的に参加中! レース・イベントに体当たり取材しています。

borikoをフォローする
レビュー・インプレ ロードバイク
スポンサーリンク
borikoをフォローする
Boriko Cycle|ロードバイク & マウンテンバイク ブログ

コメント

  1. boriko より:

    ぽぽさん、ありがとうございます。

    おぉ、GP5000TL使用者でありますか!
    僕は普段からタイヤレバー必須な人ではありますが、装着もそれほど恐ろしくない様子。
    これは是が非でも試してみたいと思います(`・ω・´)ゞ

  2. ぽぽ より:

    CLX64にgp5000tl使ってますが、取り付けはめっちゃ硬いんですがシュワルベのタイヤレバーを使えば直ぐにハマりましたよ!

タイトルとURLをコピーしました